スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

【サード・ワールド】 「スティービー・ワンダー」が1982年にプロデュースしたレゲエバンド

【サード・ワールド】 「スティービー・ワンダー」が1982年にプロデュースしたレゲエバンド

こんにちは、メローです。
(607s ~ 80’s ロック好きのメローなロッカーです。)


1982年、社会人になって2年目、
スティービー・ワンダーがポール・マッカートニーとコラボしてエボニー&アイボリーをリリースして興奮している時に、
”スティービーがレゲエバンドのアルバムをプロデュース”というアルバム見つけて早速購入したのが、【サード・ワールド】の「You’ve Got The Power」 でした。

Try Jar Love (ラブ・アイランド)

青い海の背景に女性と南国風絵画の写真が『これ、どう見ても合成でしょ』とわかるアルバムデザインに少し違和感を持ちながら、針を落とすと、いきなりピアノの印象に残るイントロ(後で知りましたが、スティービーのプレイでした。やっぱり印象に残るタッチなんですね。)で始まり、レゲエじゃない雰囲気で曲が進行して行きました。
『スティービーが手掛けるとレゲエもこうなるんだ。』と興奮し、聴いて行く内に、『ああ、こういう繰り返しがレゲエバンドなんだ。』と納得しました。
曲名も、邦題は色々なところで言われているように、『なぜ、そうなるの?』と2つ目の違和感を持ちました。
すごく良く売れた楽しい曲ですね。

You’re Playing Us Too Close

そして、A面3曲目に

とクレジットされていて、この曲が「Try Jar Love」とは違ったスティービーさがあって聴き入ります。
A面3曲目、You’re Playing Us Too Close

スティービーは、ボブ・マーリーが1981年に亡くなった後、サード・ワールドと更に親密になりプロデュースのきっかけになったようですね。

      

A面1曲目、ごきげんな、Try Jar Love

たくさんの音源を残しています。絶版にならないように守っていきたいですね。

身近に置ける、優しいスピーカー

 
楽器の演奏を取得して音楽をもっと楽しみましょう





ご覧いただき、ありがとうございました。

レゲエカテゴリの最新記事