スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

甲子園に出てくる投手が速過ぎるだけで、地方大会レベルでの投手の球速は120キロ前後ですからね。【愛知県大会予選・春季一次リーグ】

甲子園に出てくる投手が速過ぎるだけで、地方大会レベルでの投手の球速は120キロ前後ですからね。【愛知県大会予選・春季一次リーグ】

こんにちはー。
マスターズ甲子園愛知予選に敗戦して以来、チームメイトに会えて嬉しくなったじょびスポです。
野球が好きなメンバーの方々との観戦は楽しいなぁー。

西三河春季予選一次リーグ

春季県大会出場に向けた母校の刈谷高校の試合に応援に行ってきましたー!
久し振りに見る高校球児の真剣勝負って面白いなぁー。
夏の甲子園出場を賭けた県大会以外にも様々な公式戦があるんですね。
自分の頃のことはスッカリ忘れちゃってました(笑)
愛知県の場合は各エリアに別れて予選を行った後に勝者が春季県大会に出場して頂点を目指します。
まずは西三河エリアの予選一次リーグからスタート。
我が刈谷高校は予選Gグループで豊野高校、安城南高校、幸田高校、安城高校と対戦します。
ここを勝ち上がると二次トーナメントに出場となります。
イメージ的には余裕で勝ち上がってもらわないといけない感じですが、昨日の試合もちょっと苦戦。
結果的には3対0で勝利ですが、もっとやってもらわないと困ります。
なんか打線の繋がりがないというか、バットを振れてない印象。
左打者が特に当てに行ってレフトへ流してる感じで凄みは感じなかったなぁ。
4番キャッチャーの古市くんは雰囲気もあって中軸って感じの打者で期待をさせてくれる選手でした。

マスターズ甲子園で一緒に戦った先輩や後輩と一緒にああだこうだ言いながらの観戦は楽しいです。
みんなそれぞれ目の付け所が違ったり、同じ想いな部分もあったり。
本当はお酒飲みながら観戦してたらさらに面白そうですが、そこは高校野球ですから我慢ですよぉー!(笑)

甲子園のせいでスピード感覚が麻痺している

一般的に高校野球をテレビ観戦するには甲子園大会の試合くらいしかありません。
全国のトップクラスの選手たちが出てくるので、投手のスピードガン表示に麻痺してきてしまってます。
140キロとか150キロとかそんな投手がゴロゴロ出てくるので、高校生って140キロとか当たり前なのねって思ってしまいます。

あれはトップクラスの投手たちだからだよぉー!!!
普通はあんなに出ませんからぁ!!!

じゃあ実際の県予選クラスの投手だとスピードガン表示はどれくらいなのでしょうか?
昨日の試合では120キロいかないくらいの球速です。
相手チームの投手は110キロ台前半でした。
うん。これくらいですよ。

観戦しながら喋ってた同級生の記憶では、刈谷球場は僕らが高校1年生の秋に改修工事が完了して最初に使ったのが僕らとのこと。
春の中日ドラゴンズのオープン戦が「こけら落とし」ですが、その前に僕らが練習で使わせてもらってたんです。
確かに練習した記憶があるし、スピードガンも調整のため表示してくれてたのを覚えてます。
その当時の僕のスピードガン表示は117キロでした。
当時の一個上のエースの方は県内でも屈指の速球派と言われており、130キロを超えるストレートでバンバン三振を取るタイプでカッコよかったっす。
僕はどちらかと言うと打たせて取るタイプですが、気持ちは前のめりでガンガン打者に向かっていってたらしいです。
クレバーな投球をしてたと思ってたけど、他人から見ると負けず嫌いがダダ漏れだったそうです(笑)。

ということで話が脱線しましたが、県大会予選レベルでは120キロ前後の投手が多いのが現状のようです。
あ、120キロと言うとこの前見てきた女子プロ野球の投手くらいですね。
そう考えると女子プロ野球のレベルも高いですね!
女子プロ野球記事はこちら→女子プロ野球のレベルはハッキリ言って想像以上でしたぁ!【愛知ディオーネVS埼玉アストライア】

母校の刈谷高校野球部には一次リーグを勝ち上がってもらって二次トーナメント、春季県大会と進んでもらいたいです。
また週末とタイミングが会えば球場に応援に行こうっと。
試合のスケジュール等は随時連盟のHPで更新されるそうです→愛知県高等学校野球連盟

それでは、またっ!




野球カテゴリの最新記事