スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

フラジャイル マイケル・ブレッカーとニルス・ラングレンがパット・メセニー&フレンズで聴かせます

フラジャイル マイケル・ブレッカーとニルス・ラングレンがパット・メセニー&フレンズで聴かせます

こんにちは、メローです。
(60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。)

マイケル・ブレッカーとニルス・ラングレン

今回は、スティングフラジャイルのカヴァー、この曲好きなんですよね。
ソロ第2段、2枚組アルバム(LP)「ナッシング・ライク・ザ・サン」B面の最後に収録されています。
本記事の1ヵ月ほど前にスティングの60歳バースデイ・コンサートの記事を載せてありますので、宜しくお願いします。
スティングの関連記事→スティング 1987年のアルバム「ナッシング・ライク・ザ・サン」から、スティービー・ワンダーとコラボした「フラジャイル」

パット・メセニーによるフラジャイルのカヴァーには、&フレンズとして、
テナーサックス奏者の【マイケル・ブレッカー】が参加していることで、俄然注目しました。
クレジットを見ると、トロンボーン奏者の【ニルス・ラングレン】も参加していて、「パット・メセニー&フレンズ」をマークして無かった私は、それまで聴いてなかったことに『損した~』気分に落ち込み、また、宝の山を見つけた感じで『やった~』で、単純なアラ還です。

マイケル・ブレッカーは、1949年フィラデルフィア生まれ、
多くのトップミュージシャンにゲストで招かれていますね。
よく世界中のミュージシャンが一番に頭に浮かぶセッション・プレイヤーだと言われています。
ジャンルも国も問わずその柔軟性に引っ張りだこ状態で、日本のミュージシャンのアルバムへの参加も多数あります。

プレイを聴くと、考え抜かれたと思われるフレーズをあまりにも簡単に演奏してしまうので、淡々と演っているようにも見えますが、それとは逆のエモーショナルな波動にすぐ引き込まれます。
正確さ故に「マシンのようだ」と評論された時期もあったようですが、無二のサックスプレイヤーであることは間違いないですね。本当に惜しいことに57歳で他界されました。

ニルス・ラングレンは、1956年スウェーデン生まれのトロンボーン奏者、その演奏スタイルから「ファンキーな」と表現されます。私も『ファンキーでご機嫌だなあ』と好きなプレイヤーの一人です。
その、ニルス(・ラングレン)がこの曲では、ヴォーカルを担当しています。

少しハスキーなんですが、いままで聴いたことがない”艶”と”色”を感じます。
そして、その歌い方は、控えめにささやくように、でもしっかりした芯が存在します。
この人のヴォーカルは、感じ方は人それぞれですが、心を揺さぶりますね。

フラジャイル

楽器に挑戦

 【初心者向けアルトサックス教本&DVD 3弾セット】
 【30日で弾ける初心者向けギターレッスン 3弾セット】
 【オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座】

ご覧いただき、ありがとうございます。

フュージョンカテゴリの最新記事