スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

ドラフト会議2018終了!高校BIG4が順当に1位指名を獲得。気になる大阪桐蔭高校の他の選手の交渉権は?

ドラフト会議2018終了!高校BIG4が順当に1位指名を獲得。気になる大阪桐蔭高校の他の選手の交渉権は?

こんにちはー。
今年もドラフト会議にかからなかった僕です。
来るはずのない電話を待っている野球人の皆さんも多いことでしょう(笑)
今年のドラフト会議でもたくさんのドラマがありましたねぇー。
今年は甲子園を沸かせた高校球児たちが多く指名されましたね。
各チームの将来的なビジョンも感じさせるドラフト会議でした。

注目の高校BIG4の行方

今年のドラフト会議での注目は高校BIG4と呼ばれる選手たちの行方ですよね。
大阪桐蔭高校の根尾昂くん・藤原恭大くん、金足農業高校の吉田輝星くん、報徳学園の小園海斗くん。

高校BIG4に関して書いた過去記事はこちらから→【ドラフト会議2018】根尾昂からショートのレギュラーを勝ち取った小園海斗くんに注目!

小園海斗

個人的に注目していた報徳学園の小園海斗くんは交渉権を獲得した広島カープ以外にも福岡ソフトバンク・ホークス、オリックス・バファローズ、横浜DeNA・ベイスターズが指名してきました!
盤石な内野手がいると思っていたソフトバンクが指名してきたのにはビックリでしたが、僕の一押しだった広島カープがゲットしたのは良かったかなぁー。

根尾昂

一番注目された大阪桐蔭高校の根尾昂くんは、中日ドラゴンズ、読売ジャイアンツ、ヤクルト・スワローズ、日本ハム・ファイターズの4球団が競合して、地元東海地区の中日ドラゴンズが交渉権を獲得。
絶対的ショートのレギュラー京田選手がいるので、どういう育成をしていくのかに大注目です。

藤原恭大

大阪桐蔭高校からは藤原恭大くんもドラフト1位指名を受け、同一高校からドラフト1位選手が2人という結果に。
千葉ロッテ・マリーンズ、東北楽天・ゴールデンイーグルス、阪神タイガースの3球団の競合の末、千葉ロッテ・マリーンズへ。
当初から1位指名を公言していた千葉ロッテ・マリーンズが獲得できて良かったですねぇー。
センターの名手・岡田幸文選手が引退するし、外野のいい選手が欲しかっただけにいい指名でしたね。

吉田輝星

マスコミ的に大注目だった吉田輝星くんは外れ1位での指名で日本ハム・ファイターズが交渉権を獲得!
地元の東北楽天ゴールデンイーグルスではなかったけど、北海道なんで良かったんじゃないかな?
ダルビッシュ・大谷翔平に継ぐ感じで順調に成長してくれるのを期待したいとこ!

それにしても個人的にはまだ絶対的な存在ではなく1位指名での競合はないんじゃないか?
って想像していただけに、各球団のスカウト陣はマスコミに流されずよく見ているなぁーって思っちゃいました。
もちろん良い選手なのは間違いないですからね!
ただ、まだプロ球団から大注目で複数球団から競合がかぶるほどではないってこと。
伸び代もタップリあるし、僕の想像を超える開幕から1軍ローテーションを勝ち取るような活躍をして欲しいですけどね!

大阪桐蔭高校から4人指名

春夏連覇を達成した史上最強との呼び声の高い大阪桐蔭高校からはプロ志望届を提出した4人が無事指名されました。
根尾昂くん、藤原恭大くんは1位指名。
エースで活躍した柿木蓮くんは日本ハム・ファイターズから5位指名。
10番をつけた長身左腕投手の横川凱くんは読売ジャイアンツから4位指名。
同一高校から4人指名されるのは史上タイ記録だそうです。

画像引用元 産経フォトより

いやぁーーーイイ写真ですね!!!
個人的には横川凱投手の伸び代に期待したいなぁーってとこですが、巨人が上手く育てられるかが気になるとこだなぁ。
柿木蓮くんも吉田輝星くんと同じ日本ハム・ファイターズなので2人で切磋琢磨して2枚看板へと成長して欲しいですね!!!

過去最多競合数は8球団競合

今年のドラフト1位指名では3人の高校生に11チームが競合するという異例とも言える状態。
それだけ各球団を悩ますくらいイイ選手が揃ったってことでもあるんですよね。
過去最多競合数は8球団競合というのが2回ありました。
これはその年に飛び抜けた逸材がいた年ってこと。

1989年のドラフト会議での野茂英雄投手と1990年の小池秀郎投手が8球団競合での抽選でした。
近鉄で活躍し、メジャーリーガーの先駆けとなった野茂英雄投手はドラフト会議の時から凄かったんですねー。
小池投手は東都大学リーグでシーズン最多奪三振記録を樹立したアマチュア球界No.1左腕として8球団競合の末、交渉権を獲得したロッテに入団拒否。
2年後に近鉄に入団したんですが、社会人時代に怪我をしてしまったことから、1997年に最多勝を獲得しましたが、大きな活躍を残すことはできなかったのは本当に残念でした。

ドラフト会議での指名はプロ野球選手としてスタートラインに立ったということで、ここからが本当の戦い。
これからの活躍を楽しみにしたいですね!!!
ここから何人の選手が一軍の主力に育ってくるかですね!

それでは、またっ!


野球カテゴリの最新記事