スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

《侍ジャパン》のイメージソング「セパレート・ウェイズ」の【スティーヴ・ペリー】が約25年ぶりに新譜リリース!「ノー・イレイシン」

《侍ジャパン》のイメージソング「セパレート・ウェイズ」の【スティーヴ・ペリー】が約25年ぶりに新譜リリース!「ノー・イレイシン」

こんにちは、メローです。(60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。)

約25年ぶりとなるニュー・アルバム『トレイシズ』が2018年10月5日にリリースされました。
年相応に渋くなったヴォーカルが心地よいく、往年のヴォーカリストの復活に胸躍りますね。
ジャーニーの黄金期を支えたスティーヴ・ペリーの自己の人生をトレースしたアルバムの先行シングル

セパレート・ウェイズ

まず初めに言いたいのは、
スティーヴ・ペリーと言えば、ジャーニー「フロンティアーズ」セパレイト・ウェイズです!!
・・・大好きです!
でも、この「セパレート・ウェイズ」はもう一つ大きなことがあるんです。

『侍ジャパンのイメージ・ソングなんです!!』ってすごいでしょ?

当 レトロモブログの協同オーサー【じょびスポ】は、スポーツ愛に溢れ、私が知る限り「こんなスポーツばか見たこと無い!」という人物です。少年野球のコーチもやってます。
ぜひ、そのスポーツ愛を覗いてみて下さい。おもしろ情報満載です!
その記事の数々を、ページのタグ【じょびスポブログ(スポーツ系担当)】からご覧下さい。
宜しくお願いしま~す!

1985年に発表された USAフォー・アフリカ「ウイ・アー・ザ・ワールド」のライナー・ノーツで湯川れい子さんは、アルバムの2曲目となるスティーヴ・ペリーIf Only For The Moment, Girl「邦題:モーメント・ガール」の部分で、

ハリー・ベラフォンテから、この救済プロジェクトの話を持ちかけられた凄腕のマネージャーのケン・クレイガンが、自分の手がけているアーティストであるケニー・ロジャースライオネル・リッチーに話を持ちかけたあと、”アメリカのベスト10アーティスト”を選び出すつもりでヒット・チャートを眺めて、最初にリスト・アップしたのが、「アメリカの声、ジャーニーの頭脳」であるスティーヴ・ペリーだったそうです。

と書いています。

今回の「トレイシズ」は、もう辞めてもいいとまで思ったスティーヴの人生をトレースしている興味深い作品です。
ジャーニーからのファンには、たまらないですね。
また、ジャーニーのアルバムを最初から聴きたくなってきました。

   

アコースティックギターなら石橋楽器店!

【シアーミュージック】無料体験レッスン募集プログラム

 

 

ロックカテゴリの最新記事