スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

ダイアー・ストレイツ

みんなの幸せ・あいての幸せはまず自分が幸せでいることなんだと思う  それはコミュニケーションによって利己を掘り下げていくことだとも    ダイアー・ストレイツ「Communiqué」

人とのつながり ことに対話、コミュニケーションはむずかしい・・と思う なぜって、生きてる以上幸せに生きたいし、幸せに・・自然に・・と思えば思うほど真剣に考える 人のことを思って、その人に合わせて応対するようにしてきた […]

伝説の・・という形容は数あるよね その中の一つ1990年「Live at Knebworth」 微妙な年のノップラーとクラプトンのギターが心に刺さる

ネブワース その世には ”伝説” と呼ばれる ”呼ばれる” と言っちゃあ あまりにも知ったかぶりで すみませんが そんなステージが世界中にはあるんですね その一コマ クラプトンの髪型みると 「ああ 90年だ・・」 と […]

人助けできるように準備をしておこう 働いている時も、道を歩いてる時もそのスイッチが入るように  マーク・ノップラー「Brothers In Arms」 人の生きてる理由を考えながら

人助けをしたい でも咄嗟のときに行動が出来ないことってありますね 日々成り行きで生活していると あの時はこうだった とか ああすればよかった とか 逆に 昔のことにしがみついてたりして 生きてるのは今で 過去はもう過 […]

心地よい感 ハンパ無い「Brothers in Arms」  シビアな交渉をソフトランディングさせたような心地よさ

数字を共有している感覚がある会議は楽しい 余分な説明も要らないし 相手を慮って話す必要もない 数字を共有してなくても 目指す方向が似かよっていれば こんな楽しいことは無い タイトな交渉は ソフトなランディング場所を探 […]

ネルソン・マンデラ氏を想い奏でるマークの心情に載って戦いの無い世界へ行きたい

こんにちは、メローです。 (60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。) ブラザーズ・イン・アームズ 前々回に続きまして、ネルソン・マンデラさんの70歳をたたえるコンサートのマーク・ノップラーです。 同 […]

何回かご紹介している、ダイアー・ストレイツの「哀しきサルタン」、ネルソン・マンデラ氏をたたえるコンサートでエリック・クラプトンと協演

こんにちは、メローです。 (60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。) ダイアー・ストレイツのSultans of Swing 邦題:哀しきサルタンのステージにエリック・クラプトンがいる! デラニー& […]

マーク・ノップラー「ロミオとジュリエット」、80年にアルバム買ったときは、あのアルペジオを演るの?と戸惑いました。

こんにちは、メローです。 (60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。) ロミオとジュリエット これくらいの年齢になって、過去の情景を思い出しながら、歌っている(だろう)感じもいいです。 マークの歌い方 […]

ダイアー・ストレイツ 「サルタンズ・オブ・スウィング」再生回数も1億回を超えるロックの名曲

こんにちは、メローです。 (60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。) 悲しきサルタン 1978年にリリースした自身のバンド名のアルバム「DIRE STRAITS」に収録されています。 大学時代、友人 […]