スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

伝説の・・という形容は数あるよね その中の一つ1990年「Live at Knebworth」 微妙な年のノップラーとクラプトンのギターが心に刺さる

伝説の・・という形容は数あるよね その中の一つ1990年「Live at Knebworth」 微妙な年のノップラーとクラプトンのギターが心に刺さる

ネブワース

その世には ”伝説” と呼ばれる
”呼ばれる” と言っちゃあ あまりにも知ったかぶりで
すみませんが そんなステージが世界中にはあるんですね


その一コマ
クラプトンの髪型みると
「ああ 90年だ・・」 と感慨深いものがある そんなステージ

マークのプレイもすんごく良いけど
クラプトンの苦悩の一部を切り取った 場面でも

Money For Nothing

イギリスを代表する

という触れ込みの言葉が 舞っている このコンサート

1990年
マークは この曲で 一本の線を引いたんだろうか
クラプトンは ポップ路線に 一線を引いた時期だと感じてる

その二人が 内在するものを 吐き出したステージ

だけど 二人とも なんかぎこちない 感じが 心に刺さる

 

ロックカテゴリの最新記事