スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

ウェザー・リポートの美しい名曲「ア・リマーク・ユー・メイド」を20年以上の年を超えてアル・ジャロウが歌詞付でカヴァー

ウェザー・リポートの美しい名曲「ア・リマーク・ユー・メイド」を20年以上の年を超えてアル・ジャロウが歌詞付でカヴァー

こんにちは、メローです。
(60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。)

どこかで聴いた曲

【アル・ジャロウ】のその曲を聴いたとき、何か懐かしい、どこかで聴いたような気がするのですが、思い出せない。不思議な感覚がありました。

「トゥモロウ・トゥデイ」は、2000年のリリースで、随分大人になってから久しぶりに購入したアルバムです。その中の7曲目の「サムシング・ザット・ユー・セッド」に引っかかってしまい、魚の小骨がのどに残っているような違和感をずっと引きずっていました。

アルバム自体は、アル(・ジャロウ)ですので、文句のつけようはありません。
GRPレコードに移籍しての第一弾で、スムースジャズに一層磨きがかかった作品で、還暦を迎えようとしているアルは、『人生のセカンドステージをこんなすばらいいアルバムで歩み始めたのか』と思いました。

でも、『いつ、どこで聴いたのかな?』・・・は、アルバムを聴くたびに気になっていました。

ア・リマーク・ユー・メイド 【ウェザー・リポート】

結局、1977年に【ウェザー・リポート】がリリースした「ヘヴィー・ウェザー」の2曲目の「ア・リマーク・ユー・メイド」に歌詞を付けてのカヴァーだと言うことが判明し、一件落着になりました。

「ヘヴィー・ウェザー」を実際に購入したのは、1990年位でしたので、
10年前に聴いていた曲、それもインストゥルメンタルの名曲が、アルによって、スムース・ジャズとして蘇ったことで、一つの曲により二つの感動が世界中に巻き起こることに接しれて嬉しく思いました。

サムシング・ザット・ユー・セッド

トランペットをミュートで奏でるリック・ブラウンが哀しげでありながらもほのかな暖かさを持った感情の雰囲気を醸し出してます。

原曲は、ウェザー・リポートのア・リマーク・ユー・メイド

作曲はジョー・ザヴィヌル
キーボードから静かに始まるこの曲、ウェイン・ショーターのサックスが優しく続き、ジャコ・パストリアスのフレットレスベースがまるでささやくようにサックスに応える、
まるで、サックスとベースに人格があるように会話を楽しんでいる感じがして、思わず『美しい』とつぶやいてしまう曲です。

感情を込めて、曲を進めます。
しかし、プレイは必要以上にインプロヴィゼイションしないで、サックスとベースが語りあっていますね。

この曲の邦題は、よく話題になりますね。
「お前のしるし」
70年代は、邦題が物議をかもしだしたことが何件かありましたね。
これも、おもしろいと言うか、日本の洋楽に対する歴史の年輪のひとつなんだなと微笑ましく思います。

 

小型なのに!?サイズを超えた重低音を実現【KS-1HQM】PCスピーカー
ヒーリングスピーカー PR-018【YU-ON】」
まるで音の空間に包まれるような感覚

楽器総合小売店の石橋楽器店!ギターから電子ピアノ、管楽器、民族楽器まで品揃え豊富!


【30日で弾ける初心者向けギターレッスン 3弾セット】
【楽器つき初心者向けウクレレ講座】


ご覧いただき、ありがとうございます。

フュージョンカテゴリの最新記事