スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

【ロックなメローお勧め】 事故から3年、爆音が出来るようになったジェフ・ベック、念願のスリーピースバンドで伸び伸び

【ロックなメローお勧め】 事故から3年、爆音が出来るようになったジェフ・ベック、念願のスリーピースバンドで伸び伸び

こんにちは、

第3段の活動発表

1972年7月にジェフ・ベックは、新しいバンド活動の発表をしました。
その時、世間の反応はあまりよく無く、その構想は後退しているととられました。

ヴァニラ・ファッジ、カクタスのメンバー、カーマイン・アピスとティム・ボガードとは、’69年にスタートを計画した第三期ジェフ・ベック・グループの構成メンバーで、それが「3年も前の構想をやるなんて後戻りだ!」
刺激を求めるオーディエンス達の評価は散々だったと言われています。


しかし、ジェフは新しい方向に踏み出そうとしていました。
思えば、子供のころからの仲良し、ジミー・ペイジの活躍が刺激にもなっていたし、嫉妬にもなっていたし、何より良いベンチマークとしてジェフの心の中にあったんじゃないかな?と思います。

そして、’69年の事故の後遺症が回復して、爆音にそろそろ適応できるようになって来た時期だったとも思います。
実際、『激しいロックに転換する』と言った旨の発言もありましたし、
個人的にはまだ中学生だったので、リアルには知ることがなかったですが、
高校生になっていて、この手のロックをもし聴いていたら、ジェフとヴァニラ・ファッジのリズムセクションが組む!となったら、鳥肌ものだったことは間違いなしだったと思います。

第二期グループでの不運の「迷信」を聴いたときは感激でした。

それにトーキング・モジュレイターを積極的に使う姿は、
ジェフの内側にある才能が溢れている感覚で、『やっぱジェフのチャレンジのパワーはすごな』と感じましたね。

第三期のようなジェフ・ベック・グループで、ジェフは理想とする形に変えて行きました。
ジェフは、ジミ・ヘンドリックスの「エクスペリエンス」や、エリック・クラプトンの「クリーム」のような”トリオ”をやりたがっていることは、グループのマックス・ミドルトンもボビー・テンチも分かっていて、そのことをジェフから言われた時も、快く返答したと言います。
これで、爆音コンサートの準備は整ったって感じですね。

Morning Dew

カーマインのドラム、
ボンゾを彷彿とさせます、すごい!

次は、第二期ジェフ・ベック・グループのモーニング・デュー

シチュエーションが違いますが、
やっぱり、BB&Aの方が、いいかな?・・・
伸び伸びやってる感じ、ギターも爆音にあわせて「レスポール」にしてますね。

 


 

ロックカテゴリの最新記事