スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

MMAファイターの矢地祐介選手も驚くジークンドーの技の破壊力が凄い。

MMAファイターの矢地祐介選手も驚くジークンドーの技の破壊力が凄い。

こんにちはー。
実は格闘技も大好きなじょびスポです。
日課のYoutubeを見ていたら総合格闘技選手のチャンネルを発見。
しかも気になる武術とコラボした動画があって破壊力にビックリしました。

ヤッチくんチャンネル

RIZINでも活躍する総合格闘家・矢地祐介選手。
サウスポースタイルから強烈な打撃を繰り出すいい選手。

画像引用元 RIZINオフィシャルサイトより

矢地祐介(やち ゆうすけ)
1990年5月13日生まれ
東京都文京区出身
身長176センチ 体重70キロ

昨年末にはBELLATOR JAPAN第二部のメインとして上迫博仁と対戦し勝利を飾りました。
2018年からRIZIN3連敗を喫していただけにこの勝利でライト級戦線に踏みとどまりましたね。

そんなトップファイターの矢地祐介選手はヤッチくんチャンネルというYoutubeチャンネルを開設しています。
トークだったり、試合に備える格闘家の裏側的な内容もありますし、トレーニングに関する動画も。
相撲部屋に出稽古に行った動画もアップされてました。

体重の違いはありますが、格闘家のトップファイターがぶつかってもなかなあ押せない力士って凄いですね。

ブルース・リーが創始者のジークンドー

俳優であり、武道家として有名なブルース・リーが創始者の武道にジークンドーというモノがあります。
燃えよドラゴン等のカンフー映画で一度はご覧になったこともあることでしょう。

Don’t think!Feel!も有名ですよね。
アクションシーンの動きの速さも凄いですよね!
そんなブルース・リーが体現したジークンドーは日本にも伝わってきています。
ブルース・リーの直系の流れを組む石井東吾先生が凄かったっす。

ブルース・リーから直に指導を受けたテッド・ウォンの直弟子にあたるヒロ渡邉氏を師とする石井東吾先生の動きの一つ一つが凄いです。
身長もおそらく170センチないであろう石井先生が矢地祐介選手を吹っ飛ばしたり悶絶するほどの威力のパンチを出したり凄いです。
ブルース・リーの技で有名なのがワンインチパンチと呼ばれる拳ほどの隙間で打つパンチ。
これを矢地選手が石井先生に教わりながらマスターするという動画がありました。

凄いっ!
最初は半信半疑だった矢地選手も受けてみてビックリしてましたもんね。
段々とジークンドーに興味が湧いてきた矢地選手は他にもいろんな技を教えてもらってました。
ジャブではなくストレードリードとスティールステップの回も凄かったです。

威力も凄いし距離も伸びるしスティールステップで距離感も操るなんて凄い!
ジークンドーは武道としての体系がシッカリと裏付けされているとこも凄いなぁー。
ジークンドーに興味が出まくった矢地選手はさらにジークンドーの道場まで出稽古に行っちゃってました。
いろんな動画が上がってるけど、ジークンドー的な観点からMMAファイターへのアドバイスの回も凄かったっす。
っていうか、石井先生の一瞬のスピードと殺気が凄すぎるぅー!!!

優しそうな石井先生が一瞬で人が変わるのが凄いーー!
っていうか、怖いーー(笑)

今回のジークンドーシリーズで矢地選手は総合格闘技に役立つヒントをたくさん受け取ったみたい。
ゴング格闘技サイトでも紹介されてましたが、ジークンドーをヒントにまた総合格闘技で矢地選手が活躍してくれるのが楽しみです。
ジークンドーにめっちゃ興味出てきちゃった僕でした。
それでは、またっ!
 


格闘技・ボクシングカテゴリの最新記事