スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

ジェフ・ベックは ヘヴィ・メタルが嫌いらしい・・と時代を後追いしてた時に知ったジェフとビリー・コブハムの「スペクトラム」との出会い

ジェフ・ベックは ヘヴィ・メタルが嫌いらしい・・と時代を後追いしてた時に知ったジェフとビリー・コブハムの「スペクトラム」との出会い

どこで聞いたか見たかもう忘れてしまったけど
ジェフ・ベックはヘヴィ・メタルが嫌いらしい・・・

それをリアルで聞いたのか 何かの雑誌で読んだのか、
リアルだったらヘヴィ・メタルが出てきたのを仮に1973年とすれば
個人的にはまだ中学生だから、やっぱりそれは無いなあと思う
そうだった、数年遅れでジェフやツェッペリンを追いかけたんだった・・
73年と言えば、ツェッペリンなら5枚目のアルバムがリリースされていたし、ジェフはJBGの第二期も過ぎ、BBAの解散も近い・・そんな時系列かな
そうそう、まだクラプトンは聞いてなかったようなヤードバーズもクリームも


ジェフは、そのロックの流れに嫌気がさしてたみたいで
そんな時期に聴いたのが、ビリー・コブハムのアルバム「スペクトラム」だったとのはなし
それをBBAのカーマイン・アピスのところで偶然聴いたらしい
なんともおもしろい出会いだなあと思う

ビリーの「スペクトラム」は73年に評判になったし、アピスもBBAでのストレスがめいっぱい溜まっていたと想像できるときだから
ビリーの『一人で叩いてるとは思えない』ドラミングに興味をもったのかも知れないですね

それで、ジェフが覚醒したからよかった

ビリーのドラミングも好きだけど、ヴィニーのドラミングはもっと好きです

目次

Stratus

ジェフのジャズ・ロックの捉え方は他のギタリストとは全く違うと感じるのでワクワクします

いろんなミュージシャンがビリーの「Stratus」を演ってますが、ここまで自由にやるのがジェフの魅力ですね
ヤードバーズのころからいろんなこと試していたのが一気に花を咲かしてるって感じ取れます

オリジナルを改めて聴いてみると、これが73年にでて来てよかったと思います

Stratus

ヤン・ハマーにトミー・ボーリン

今から見るとすごい顔合わせ
でもそりゃそうだなと思えるのは、マイルス・デイビスのバックだったり、ジョン・マクラフリンとも演ってたのだから普通の出来事とも言えますね

 

ロックカテゴリの最新記事