スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

アルバムセールスが振るわなかったなんて信じがたい  「Where Were You」に変わるソロは無い

アルバムセールスが振るわなかったなんて信じがたい  「Where Were You」に変わるソロは無い

もうすぐ 立秋ですよ
夏の土用も今日をいれて あと三日
今日と明日は 間日 ですので 感謝しながら土いじりできます

今日のジェフの一曲は、土いじりの時に聴いていると 手が止まってしまいそうな
そんな引き込まれる曲です

トレモロアームを縦横無尽に操っているのはわかるけど 『いったいどうやってんだろ?』 でしたが
ホントいい時代になりました
どアップで 手元が見えます
しかし 『どうなってんだろ?』 に変わっただけでした

Where Were You

「ギター・ショップ」でジェフは自由になった なんて 想いが来ているのですが

もともと 大輪が咲いてた訳ですが アルバム「ギター・ショップ」で解き放された感じを受けます
それまでも 真似できないようなプレイを次々としてきたジェフ
みんな こぞって コピーしたり 研究したりしたと思います
そこで 行き着くのは 「ジェフはギターの可能性を広げた」という真理だったと思うんです

いろんなアーティストが さまざまなインタビューで ジェフの才能を語ってますよね

若いころ聴いてた時は、俗にいう「3大ギタリスト」の一人として誰が上手いか、とか 誰のスタイルが好きか、 とか
比べてましたが、だんだん歳を重ねてきて それぞれの音楽性のその先の部分がほんの少し見えてきた感じがして

はまるんですよね

ある時 クラプトンの曲が心に入ってきた瞬間
その後もう クラプトンを ずーーっと聴き続ける
満腹を通り過ぎて やっと普通のペースでクラプトンを聴くようになる

ジェフの曲もそう
はまると 同じくらい聴き続ける

しかし、アルバム「ギター・ショップ」のセールスってそんなに良いわけではないみたいですね
『なんで?!』って思ってしまいます

あの「フラッシュ」より悪いって『どういうこと?』
冷めた目では見られない者にとっては、絶対にありえない現象です

解き放たれた ジェフの永遠のアルバムだと思ってるのに

 

ロックカテゴリの最新記事