スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

じょびスポってどんな人なの?【高校球児時代編】

じょびスポってどんな人なの?【高校球児時代編】

こんにちはー。
スポーツ馬鹿で40年生きてきたじょびスポです。

前回は、自己紹介ブログを書いていたら長くなり過ぎてしまって、小中学時代までにしました。
前回のブログ記事はこちらから読めます→じょびスポってどんな人なの?小中学生時代は【生粋の野球人】

高校時代は甲子園を目指す球児

小中学校と野球をし続けたじょびスポ少年は、おかげさまで地元の高校に野球推薦でとっていただけました。
いまだに忘れないのが中学校の会議室に推薦を受けにいく生徒が集められた時の先生の言葉です。

この中で一番頭が悪いのは「じょびスポ」だ。
でも、この中で推薦で受かるとしたら「じょびスポ」しかいない。
こいつには野球がある。
みんなはこいつのことは気にせず勉強して受験して合格しような!

先生・・・?何言っちゃってるんですか?(笑)
でも、現実は先生の言った通りに僕しか推薦で受かりませんでした。
進学校なので学力での推薦ってほとんど取らないような学校だったみたいです。
あぁー野球やってて良かったぁーって思ったじょびスポ少年でした。

高校時代は勉強もほぼせず、野球をやりに学校に行ってる感じでした。
野球部全体での朝練はないのに、7時くらいには学校について用務員のオジさんと一緒に昇降口を開けるのが日課のようになっており朝練をしてました。
お昼休みは早弁をしておいてグランド整備やティーバッティングをしたり、練習後も居残りで練習して、帰宅後は素振りをして寝るという野球漬けの日々。
ご飯も①自宅で朝ご飯→②授業の合間に早弁→③お昼にちょっと食べる→④部活練習前にちょっと食べる→⑤駅で練習帰りにパン食べる→⑥自宅でガッツリ晩御飯。
と1日6食も食べてたのに全く太らなくて筋トレをしても体脂肪が減るばかりでボクサーみたいな身体つきしてました。
身長180センチなのに体重はずっと64.5キロから増えないのが悩みでした。
今はワガママボディーですが(笑)。

っとまぁイロイロ書いてますが、結局中学生時代から痛めていた右肘の故障、そして右肩の故障で途中で投手も断念して、挙げ句の果てに高校2年生の冬に交通事故や肉離れで挫折して退部した僕です。
その後も結局右腕は治らないのでキャッチボールも全力で投げることはできない身体です。
故障との付き合い方って難しいですねぇ。
痛みはあるけども他のメンバーにポジションを取られたくないから隠して騙しながらプレーを続けちゃったんです。
だって、試合に出たいんだもーーーん!!!
この気持ちと上手く折り合いをつけれなかったんですよねぇー。
高校一年の秋からずっとベンチ入りをして2番手として投げさせてもらってたのが嬉しかったし、誇らしくて誰にもココを譲りたくなかったんだよなぁ。

スポーツをしてる息子・娘さんをお持ちの皆さん!
子供の思考はこんな感じなんです。
だから、止める勇気を持ってあげてください。
きっと、普段から接している親御さんなら子供の変化も分かると思うんです。
口で聞いたって「大丈夫」って言うんですけど、行動見てたら多分やばかったでしょうね。
僕は親の意見を聞いても大丈夫だからと言うことを聞かなかったワガママ坊主ですけどー(笑)。

実は、高校時代の野球をしている写真ってほとんど残ってないんです。
自分にとっては途中で退部をしているし、挫折を味わったナイーブな時期なので(笑)
そういえば、サードコーチャーの写真は確かあったような気がするー。
高校2年からの秋の新チームからはサードコーチャーでした。
でもね、サードコーチャー大好きだったし、今思えば天職だったのかなぁって思います。
長くなっちゃうので、サードコーチャーのお話は、また書くことにしますね。
実はめちゃめちゃ書くこと多くなりそうなくらい深いですからねー。

画像がないのでも寂しいので、マスターズ甲子園愛知予選の時の同級生との写真を(笑)
いまだにこうして一緒に野球がやれるっていいなぁー。

現役時代の画像もないのもちょっと寂しいので、代わりに元高校球児のバット遊び動画を掲載します。
練習と関係ないとこでこんな遊びばっかり身につけてましたね(笑)

じょびスポとはカテゴリの最新記事