スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

一緒にセッションとかって 各々が相手にとってなにが出来るか、して上げれるかが大事なんだなと思った ジュニア・ウェルズ「Hey Lawdy Mama」

一緒にセッションとかって 各々が相手にとってなにが出来るか、して上げれるかが大事なんだなと思った ジュニア・ウェルズ「Hey Lawdy Mama」

Lawdy Mama

クリームがBBCで演ったのは


ジュニア・ウェルズの「Hey Lawdy Mama」が元らしい この時のギターは バディ・ガイ

クリームと聴き比べると なんとなく面白い

Hey Lawdy Mama

1965年にリリースとのことで
バディ・ガイとのセッションはけっこう有名 連名でのアルバムも多いですよね

自分のプレイに集中して演るっていうのも聴きごたえがあるが
セッション相手のために 自分が何をして上げれるかって すごく大事だと思う

 

ロックカテゴリの最新記事