スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

マディ・ウォーターズ「Hoochie Coochie Man」 中心であるマディーもまた他の恒星をまわる惑星のように 音楽には無限の中心がある宇宙のようだと感じる

マディ・ウォーターズ「Hoochie Coochie Man」 中心であるマディーもまた他の恒星をまわる惑星のように 音楽には無限の中心がある宇宙のようだと感じる

マディ・ウォーターズ

すごい個性のある人だなあ・・って思った
もう30年以上くらい前かな
その時には もう亡くなっていたのか
クラプトン経由で知った マディ

ギターの音色 歌いかた それに髪型!
シカゴのはこんなんだ・・と
ブルースは マディを中心に回ってるのか?
と素直に感じ取れた 一曲だった

Hoochie Coochie Man

マディーが中心でありながら
マディーもまた ほかのミュジシャンを中心にした周りであるかのようなステージ

スターが居て そのスターがまるで太陽のように周りを回まる星を持っていて
だけど 太陽と思えたそのスターも実は 中心ではない

音楽って そんな互恵関係が成立する世界だと思うんです

そして 長い年月をかけて のちの時代が続いて行き それもまた 次にへと

宇宙と言う概念と 音楽は 共通性があると感じる

 

アイキャッチ画像:アマゾン

ロックカテゴリの最新記事