スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

スティーブ・ハケット 【ジェネシス再訪とキング・クリムゾンとの交友】そして東京テープ

スティーブ・ハケット 【ジェネシス再訪とキング・クリムゾンとの交友】そして東京テープ

こんにちは、60年代から80年代のロック好きのメローなロッカーです。

東京テープ

ジェネシス黄金期のファンタジーな世界観を支えたギタリスト、「スティーブ・ハケット」の音楽は、『イギリスらしい』とよく感じます。なんと表現したらよいのか、『テクニックに心身が付いて行っている』(テクニックと心身の健康のバランスがとれている)と言うか、だから、彼独特の幻想的な音楽が奏でられるような気がします。

77年にジェネシスを脱退してから、一時バンドを組んだこともありましたが、ソロ活動を中心にして、94年にブルースアルバム「ブルース・ウィズ・ア・フィーリング」をリリースし、自己に向き合った感覚の作品で、自分探しをしているような、『彼の中のバランスが、乱れているのかな?』なんて当時、感じました。

ブルースを愛する「エリック・クラプトン」もバランスを崩したとき、「デラニー&ボニー&フレンズ」のフレンズの一員になりきり、安息の地を求めましたね。
スティーブも心地よい仲間と【スティーブ・ハケット&フレンズ】を組んだのも、そんな気持ちだったのかなあと思います。

そして、スティーブはジェネシス時代の曲をプレイし始めます。ジュリアン・コベック(key)など、信頼のおけるパートナーに加え、なんと、ジョン・ウェットンやビル・ブラッドフォードという「キング・クリムゾン」チームまで声をかけ96年に【新約創世記(GENESIS REVISITED)】というアルバムをリリースしました。

その年の12月には、ついに初来日!
「新約創世記」のメンバーの中から、ジョン・ウェットン(b.vo.)、ジュリアン・コルベック(key.)、チェスター・トンプソン(ds.)に加え、クリムゾンのイアン・マクドナルド(flu.sax)のメンバーで【スティーブ・ハケット&フレンズ】は来日したのでした。
この公演で、キング・クリムゾンの曲が2曲もプレイされました。
またまた『なんと!』ですが、「クリムゾン・キングの宮殿」「風に語りて」です。それも、ファーストからの選曲です。さらに、クリムゾンの曲が日本で演奏されるのもこれが初めて!ことだったのです。
この公演は、2枚組のアルバムになり【東京テープ】としてリリースされました。

日本で初めてプレイされたキング・クリムゾンの曲です。

風に語りて

こちらは、グレッグ・レイクのボーカルで、聴き比べてみて下さい。

メロトロンの音がいい!、東京公演では、シンセで上手く音を作っていましたね。

金管のフルートも良い音!木管のオーボエも良い音!→【オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座】

スティーブのような優しいギターの音色を→30日でマスターするギター講座 教本&DVD



ご覧いただき、ありがとうございました。

ロックカテゴリの最新記事