スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

クリーム 2005年「ライヴ・アット・ロイヤル・アルバート・ホール」3曲目「アウトサイド・ウーマン・ブルース」とエリック・クラプトンの軌跡をすこしづつ

クリーム 2005年「ライヴ・アット・ロイヤル・アルバート・ホール」3曲目「アウトサイド・ウーマン・ブルース」とエリック・クラプトンの軌跡をすこしづつ

 

こんにちは、メローです。
(60’s ~ 80’s ロック好きのメローなロッカーです。)

エリック・クラプトンのヴォーカル 3曲目

3曲目は、軽快なフレーズのギターから入り、エリック・クラプトンヴォーカルをとる曲です。
エリック・クラプトンが他のミュージシャンと演る時は、凄腕のバッキング・コーラス・チームを擁してしなやかなパフォーマンスを見せますが、

【クリーム】は3人編成、ヴォーカル真剣勝負と言う感じです。
声がひっくり返りそうになろうが、それが良い緊張感でステージを包み込み、ホットなライブにしています。

迫力あるジャック・ブルースの大音量ベース・フレーズとエリック・クラプトンのギターのユニゾンがかっこいいです。
当時、この迫力の演奏も、後の世界中のバンドに影響を与えたんでしょうねえ。

演奏中、ジャック・ブルースは、ジンジャー・ベイカーとアイコンタクトを取りながら楽しそうにプレイしています。
ここが、『このライブの見どころ』の一つですね。

 

Outside Woman Blues

アルバム「カラフル・クリーム収録されていますね。

エリック・クラプトンの軌跡

エリック・クラプトンの出身は、イギリス・サリー州リプリーというところです。ロンドン中心部から電車や車で約1時間あまりの場所にあるようですね。
エリック・クラプトンは、幼少期・少年期までこのリプリーで育ちました。
訳あって、エリックは祖父祖母に育てられ、近くに居た叔父は「年の離れた兄」といわれて過ごしました。
小さかったエリックは、この ”兄”「エイドリアン」からいろんな影響を受けたようですね。
エイドリアンが2000年に他界した翌年の2001年に、エイドリアンに捧げるアルバム「レプタイル」をリリースしています。
さらにアルバムジャケットは、エリックの9歳の時の写真を使い、「レプタイル」のコンセプトは少年時代ということだそうです。

これから、知っていることや、以前本などで調べたことを基に、
イギリスの田舎育ちのエリック・クラプトンとアメリカ南部のブルースとの出会い等を、想像していけたらいいなと思っています。

   

クリームの関連記事

①:クリームのロイヤル・アルバート・ホールでのコンサート、2曲目「スプーンフル」目が離せないプレイで魅せる渋いブルース
②:37年の時を経て 【クリーム】 が2005年に「ロイヤル・アルバート・ホール」にタイムトラベル、幸運に恵まれた方々がうらやましい 

身近にスピーカーで夜でも快適に

楽器を身に付けよう
 【30日で弾ける初心者向けギターレッスン 3弾セット】
 【オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座】
 【楽器つき初心者向けウクレレ講座】

ご覧いただき、ありがとうございます。

ロックカテゴリの最新記事