スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

ジェフ・ベックが1985年にリリースした当時5年ぶりの「フラッシュ」、ナイル・ロジャースを迎えた時代の流れ

ジェフ・ベックが1985年にリリースした当時5年ぶりの「フラッシュ」、ナイル・ロジャースを迎えた時代の流れ

こんにちは、メローです。
(60’s ~ 80’s ロック好きのメローなロッカーです。)

80年代を振り返ると

「フラッシュ」は、1985年にリリースされました。実に5年ぶりのアルバムです。
80年代半ば、世界はよりポップな作品を求めていた時期ですね。

83年にポール・マッカートニーマイケル・ジャクソン「セイ・セイ・セイ」
エリック・クラプトンは、85年アルバム「ビハインド・ザ・サン」や86年アルバム「オーガスト」、
フィリーップ・ベイリーは、フィル・コリンズと84年に「イージー・ラヴァー」等・・・
いろんなコラボや、ブラック・コンテンポラリー、ダンスミュージック等を取り入れた作品が多かったですね。

アルバム「フラッシュ」


アルバムのリリースが5年ぶりということで、当時ヤキモキしましたね。仕方なく大好きなアルバム「ワイヤード」を繰り返し聴いていました。

なぜ、こんなにアルバムを出さなかったのか不思議だったです。私のその時の答えは『ジェフ・ベックは頑固だからな~』でした。

そんな中なんと、ナイル・ロジャースのプロデュースでアルバムをリリースし、びっくりしました。
『そう言えば、ハニー・ドリッパーズで、ジミー・ペイジロバート・プラントと一緒にやったな~』・・・ですが、違和感がありました。

 

旧友のロッド・スチュアートとの「ピープル・ゲット・レディ」を85年に聴いたときは、『普通のポップな曲』くらいの印象で、好きにはなれませんでしたが、それから随分時間を経た後、耳に入って来たのは、【ロニー・スコッツ・(ジャズ)クラブ】でのライヴでした。
ソウルフルなジョス・ストーンも好きですが、何より、「ジェフ・ベック」が「フラッシュ」あたりから多用し始めた「フィンガー・ピッキング」が進化し「ポップ」じゃないジェフを見れて良かったです。

ピープル・ゲット・レディ with ジョス・ストーン  at  ロニー・スコッツ・クラブ

 

ジョス・ストーンは、1987年生まれ、ソウルフルな魅力のR&Bシンガーです。
ジェームズ・ブラウンハービー・ハンコックと共演もある実力派ですね。
他のミュージシャンのアルバムでもクレジットを発見できるかもしれません。引っ張りだこという印象です。

   

ジェフ・ベックの関連記事

① ロバート・プラントがレッド・ツェッペリン解散後、自身の活動のために結成したグループ【ハニードリッパーズ】

 

思いついたときに、すぐ録音
ボールペン型ICボイスレコーダー
楽器演奏を習得して心豊かに
【30日で弾ける初心者向けギターレッスン 3弾セット】
 【楽器つき初心者向けウクレレ講座】
 【オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座】
音が生きてる生音スピーカー ヒーリングスピーカー PR-018【YU-ON】」
まるで音の空間に包まれるような感覚



ご覧いただき、ありがとうございます。

ロックカテゴリの最新記事