スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

【10CC】 「トロピカル・ラブ」でレゲエを軽快に歌う、コミカルな掛け合いは10ccの得意の変化球

【10CC】 「トロピカル・ラブ」でレゲエを軽快に歌う、コミカルな掛け合いは10ccの得意の変化球

こんにちは、メローです。
(60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。)

トロピカル・ラヴ

1978年にリリースされたアルバム「ブラッディ・ツーリスト」の収録曲「トロピカル・ラヴ」です。
映像は、2011年にイギリスで放映されたステージのものですね。

邦題「トロピカル・ラヴ」というのも発売当時少し話題になりました。
そもそも、「Dreadlock Holiday」をどう訳したらそうなるのかと私も思いましたが、
『まあ変だけど、そんなに突っ込む人も余りいなかったし』、
『そこまで頑なにこだわりを持たなくてもいいか・・』で、
『10ccだからまあいいか、何かをコミカルにひっかけているんだろうし』ということでスルーして、
アルバムの1曲名を飾るこの曲のレゲエのリズムに体を揺らして楽しんでいました。
聴いた時期はたしか20歳くらいだったと思いますので、大人になっていたのか、変なこだわりのカドが取れていたんでしょうねえ。

10ccがレゲエを演るって意外だったので、以後耳に残り、レゲエを聴きたいと思い立った時には自己ランクインしてましたね。
軽快なビートにレゲエとは少し違うマイナーなメロディは、コテコテのレゲエを聴いていく中で、ちょっとしたインターバルの枠割をする「トロピカル・ラヴ」は、清々しいナンバーです。

後で知ったのですが、Dreadlockは、ジャマイカの思想運動をする人たちの髪型のことなんだそうですね
『「その人たちの休日」を曲にしたのか』と、一つ「ハテナ?」が消えました。
歌詞もサビに「グレアム・グールドマン」らしいおかしな掛け合いがあり、変化球のキレがいい楽しい曲です。さすが、全英1位を獲得した曲です。
ステージも楽しそうでいいですね。
このバンドが「アイム・ノット・イン・ラヴ」を作った同じバンドとは、思えないユーモアに感心します。

ヒーリングスピーカー PR-018【YU-ON】」
まるで音の空間に包まれるような感覚

アコースティックギターなら石橋楽器店!


自宅でラクラク上達!30日でマスターするギター講座
現役ギタリストの指導で、いきなり曲が弾ける!
 ⇒詳細はコチラ
【楽器つき初心者向けウクレレ講座】
楽譜が読めなくてもサックスが吹けた!プロが教える本格アルトサックス講座
マンツーマンのサックスレッスン
小型なのに!?サイズを超えた重低音を実現【KS-1HQM】PCスピーカー

ご覧いただき、ありがとうございました。

ロックカテゴリの最新記事