スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

【ロックなメローお勧め】 ジェフ・ベックによる「ピーター・ガンのテーマ」、年齢を重ねたジェフの感性の深さを想います。

【ロックなメローお勧め】 ジェフ・ベックによる「ピーター・ガンのテーマ」、年齢を重ねたジェフの感性の深さを想います。

こんにちは!

ヘンリー・マンシーニ

ヘンリー・マンシーニって聞いたことある名前だなあと思ったら、映画音楽の世界でした。

「ティファニーで朝食を」とか「シャレード」、そして「ピンク・パンサー」
テレビでは、「刑事コロンボ」等々、
昭和の初期から中期くらいまでの映像が懐かしい方は、『うん、うん!』って感じだと思います。

そして、「ピーター・ガン」のテーマ
日本での放送は、1961年とのことで、もちろん私もまだ幼児だったので、リアルでは知りません。
いつだったか、リバイバルかなんかで見たか?・・くらいの記憶ですが、
不思議とテーマ曲は、『あ~!これ、これ!』って知ってる変な感覚です。

それだけスタンダードのように、様々なところで流れ続けていたのかも知れないですね。

ジェフ・ベック

ジェフってカッコいいですよね!

フィンガー・ピッキングしてますので、そんなに昔ではないと思います。
でも、「ピーター・ガン」をどうして演ろうと思ったんでしょうね。

Peter Gunn’s Theme

テレビドラマの「ピーター・ガン」ってアメリカもので、
放送していたのが1958年からだから、’44年生まれのジェフは中学生くらいの歳だからリアルでは見てないと思うんですよね。
どんなインスピレーションが湧いたのでしょうか?

昔懐かしい方は、次の音源を

Peter Gunn

 

ロックカテゴリの最新記事