スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

【ロックなメローお勧め】 ジョー・ウォルシュのトーキング・モジュレーター「Rocky Mountain Way」、このアクの出し方がムフフとなります。

【ロックなメローお勧め】 ジョー・ウォルシュのトーキング・モジュレーター「Rocky Mountain Way」、このアクの出し方がムフフとなります。

こんにちは、

梅雨前線が停滞して大雨にみまわれるかも知れないそうです。
モノの準備、意識の準備そして避難経路の確認や経路上に危険な箇所がないかなど確認しておきましょう。
皆さま、ご安全に!

トーキング・モジュレーター

ジェフ・ベックが試して世の中が「あっ」とおどろいた、トーキング・モジュレーター
その他の多くのミュージシャンも使ってました。

かなり昔のことで、一般家庭に録画環境が無かったですので、
誰がいつ、どんな曲に取り入れていたかは、もう忘却の彼方になってしまいましたが、
かなり強烈な印象で、『いったい、どんなメカニズムなんだろう?』って不思議で不思議で・・

そのジェフがトーキング・モジュレーターの使用への興味がだんだん無くなって行ったのは、
そんな風に、多くのミュージシャンが使い始めてきたことと、
これは個人的な想像ですが、
使い方が、一辺倒になって来たことで、他者の新しい技法を目の当たりにしなくなり、
人のテクニックを謙虚に見て、それを活力にして超えていく新しいテクニックを創造してきた新し物好きのジェフにとって、それ以上の刺激が無くなり、創造欲も無くなり、興味減退に至ったんじゃないのかなと思います。

また、昔のインタビューで、
ジョー・ウォルシュの使い方に感嘆の意を表していたのがありました。
そしてこれも個人的な想像ですが、
その心の中は『こいつはすごい!』と思って、「撤収~!」したのかもと思ってます。

ジョー・ウォルシュ

アクのあるところが、カッコいいというか、カワイイというか、スゴイというか・・・

Rocky Mountain Way

盟友、ドン・フェルダーとのステージ、
ドン好きにはたまりません!

 

ロックカテゴリの最新記事