スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

アルバート・リー 80年代前半の心地よいクラプトンのブルースを支えた凄腕 「スロー・ダウン・リンダ」

アルバート・リー 80年代前半の心地よいクラプトンのブルースを支えた凄腕 「スロー・ダウン・リンダ」

フィル・コリンズと組む前の 貴重な時期と思います

肩の力 抜いて聴ける

確かに バカ売れしない時期 低迷していた時という評価が多いかな

まあ セールスが大事だから

低迷って言やあ 低迷だね

しかし この時期の クラプトンって いいでしょ?

すごく いいでしょ?

Slow Dawn Linda

こういう時期が 必要なんだよね

人間には

人間 誰しも 闇に沈んだり 陽があたるところまで出てきたり する

でも 陰と陽 の二極ではないよね

 

ロックカテゴリの最新記事