スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

新しい手帳に魂を込める作業をすることで改めて気持ちを引き締める【ほぼ日手帳】

新しい手帳に魂を込める作業をすることで改めて気持ちを引き締める【ほぼ日手帳】

こんにちはー。
年を越してもうすでに半月が過ぎようとしています。
段々と時が経つのが早く感じるようになってきましたね。
日本人男性の平均寿命81.25歳の半分を過ぎた42歳ですが、まだまだ突っ走っていきたいと思います!

手帳に魂を込める作業

年始になり新たな手帳を使い始める前にここ数年必ず行なっている作業があります。
僕の中では手帳に魂を込める作業と読んでいます。
今まで生きてきた中で心に留まったコトバを手帳に書き溜めていってるのですが、それを新しい手帳に書き写す作業のこと。

スポーツの名言が多いのですが、仏教やヒンズー教の教えだったりジャンル問わず書き残してます。
手帳を買う時期を逃してしまって年明けに届いたのですが、今年も使う前に新しい手帳に書き写してみました。
毎年少しずつコトバが増えていくのですが、自分にとっては改めて気持ちを引き締めることができる大切な時間なんです。
ちなみに僕はここ数年『ほぼ日手帳』をノート代わりに使用してますが、1日1ページなので日付からメモや内容が見つけられるのでお気に入りです。
 

昨年新たに増えたコトバを少し紹介

昨年の手帳に新たに足されたコトバはせっかくなので紹介しつつ、自分のためにも書き記します。
何か参考になったり、感じることがあったら嬉しいです。

プロサッカー選手・本田圭佑のコトバ

サッカー元日本代表のスーパースター本田圭佑選手。
数々の常識を打ち破ってきた彼らしいコトバ。

壁があったら殴って壊す。
道がなければこの手で作る。
【本田圭佑】

どんな困難に直面しても決して諦めずに挑戦し続けてきた彼らしいコトバですよね。
どんなに高い壁が立ちはだかっても殴ってでも壊して前に進む。
前例のない新たな挑戦にだって自分で道を作って突き進む。
ネバーギブアップの精神を感じますし、人に頼ることなく自分の力で立ち向かう強さを感じるコトバです。

草野球人・天晴 アニキのコトバ

草野球Youtuberのトクサンとライパチが所属する『天晴』のエースのアニキ。
40歳を超えてもまだまだ現役でバリバリ投げる姿に年齢の近い僕は刺激を受けてます。

全盛期は常に未来にある
【天晴 アニキ】

40歳を超えてもなおあくなき探究心で野球に取り組むアニキ。
そこにはまだまだもっと成長できるという強い気持ちを感じます。
全盛期はと聞かれれば若い頃のことを挙げてしまいがちですが、全盛期は常に未来にあると直向きに努力し続ける姿がカッコイイ。
肉体的には衰え始めても経験や考え方まで含めてトータルでは成長していると思いたいですね。
スポーツだけじゃなく自分自身だって全盛期は常に未来にあると言える人生にしたいものです。

OWNDAYS 田中修治さんのコトバ

超人気メガネストアOWNDAYS社長の田中修治さん。
債務超過だったメガネストアを買収し、立て直して超人気店へと新たな伝説を作った方。
実話である著書・破天荒フェニックスをテーマにした新春ドラマが放映されてご覧になった方も多いのではないでしょうか?

成功はアート、失敗はサイエンス
【田中修治】

成功の原因は無限にあるが、失敗の原因は限られている。
だから、俺は徹底して失敗した経営から学び、自分はそれをしないようにしている。とのこと。
成功したければ、失敗しないようにすることが大事。
失敗の原因を追求することで、成功に近づいていくということかと。
自分自身も様々な失敗をしてきましたが、それを今後に活かすことが一番大事なことだと思ってます。
野村克也さんのコトバ『勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。』通ずるコトバと感じました。
 

今年はどんなコトバに出会えるのか楽しみです!
初心を忘れずに突き進んで生きたいと思います!
それでは、またっ!

映画・本カテゴリの最新記事