スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

止まることなく常に走り続けゴールを狙う超オフ・ザ・ボール【南野拓実】

止まることなく常に走り続けゴールを狙う超オフ・ザ・ボール【南野拓実】

こんにちはー。
今日はサッカーネタっす。
プレミアリーグの強豪リヴァプールへと移籍して今シーズンの活躍が期待される選手。
強豪クラブへと移籍する選手が増えてきて楽しみですね。

強豪リヴァプールへのステップアップ【南野拓実】

日本代表としても活躍する南野拓実選手は、現在の代表チームに欠かせない選手になりつつあります。
結果を出し続けており、ファンからも期待される素晴らしい選手。
強豪リヴァプールの一員として迎えた今シーズンだっただけに現在の状況は寂しいですね。
チームに慣れる期間になったと思って頑張って欲しいです。

画像引用元 日本サッカー協会より

南野拓実(みなみの たくみ)
1995年1月16日生まれ
大阪府泉佐野市出身
身長174センチ 体重67キロ

小学生時代は地元のゼッセル熊取FCに所属していたが、中学入学と同時にセレッソ大阪U-15へと入団。
2010年にはセレッソ大阪U-18へと昇格し、2012年8月にはトップチームの2種登録選手となり大宮アルディージャ戦でJ1デビューを飾る。
2013年はトップチームへと昇格し、チームの高卒ルーキーとして史上初の開幕スタメン入りしチームの主力として活躍。
2014年シーズンは期待されながらもチームは勝ち点を伸ばせず度重なる監督交代もありJ2へと降格。
2015年1月にオーストリアのFCレッドブル・ザルツブルクに実力を評価され完全移籍が決定。
2019年まで所属しチームの主力として大活躍。
2020年1月よりプレミアリーグの強豪リヴァプールFCへと移籍し、今後に期待というところで現在に至ります。
リヴァプールへの移籍にはチャンピオンズリーグでの前回王者であるリヴァプールFCとの対戦での活躍も大きな影響を与えました。
ビッグクラブ相手に1G1Aという素晴らしい活躍をしたんですよね!!!

対戦した選手たちがクロップ監督へ獲得を提言したなんて話が出るくらいの活躍っぷりで凄いっすね!
リヴァプールにはFWモハメド・サラー、右SBトレント・アレクサンダー=アーノルド、GKアリソン・ベッカーなどなどたくさんのスター選手がいる中でポジション掴んで欲しいですね!
 

強心臓『うっさいんじゃボケ事件』

ちょっとネタ的な話ですが、南野選手の強心臓っぷりを誇るシーンも紹介。
チームメイトのカカウ選手がボールが回ってこなかったことにクレームを入れた直後に・・・
『うっさいんじゃボケ!』
南野拓実この時19歳。

でもね、これくらい気が強くないと世界を相手に戦うにはダメなんじゃないかなと。
なにクソー!っというメンタリティも必要です。
まぁコトバは汚いんでアレですけどね(笑)。

ゴールするために常に動き続ける

南野拓実選手はテクニックもある素晴らしい選手ですが、一番の武器はオフ・ザ・ボールの動き。
球離れもよく簡単にボールをはたくワンタッチプレーも得意な選手。
そして、常にゴールするためにボールをもらうために常に動き続けている点が素晴らしい。
ワンタッチではたいてゴールへ向かって裏を狙う動き、足元にボールをもらえるように狙って動く、それでもボールがこずに味方がシュート態勢に入ったとみればこぼれ球を狙ってゴール前に走りこみます。
こぼれ球をゴールしているイメージも多い南野選手ですが、サボらず常に狙っているからですね。
シンプルにプレーし、パスを出したらまた走る。
これをサボらずに常にゴールに向けた動きをし続けます。
また、守備への切り替えの意識も早く、味方が遅れる場面もあるくらい。
ここでも常に走り続ける南野選手の凄さが光ります。

こうして書いているとある選手を思い出します。
スペインリーグ2部のSDウエスカに所属する岡崎慎司選手。
テクニックは南野拓実選手の方がありますが、この走り続けるプレースタイルはまさに岡崎慎司選手。
こういう汗っかきがチームいてくれると心強いですよね。
ということで、南野拓実選手のプレイ集をどうぞ。

いやあー。
本当にいい選手だなぁー。
中継ではボールを持った選手に目がいきがちですが、ボールを持っていない時にどんな動きをしているのかが大事。
南野選手が出場している試合を見る時にはオフ・ザ・ボールの動きに注目してみてくださいね!
それでは、またっ!


サッカーカテゴリの最新記事