スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

【 TOTO 】のセカンドアルバム「ハイドラ」、組曲の2曲目「セント・ジョージ&ザ・ドラゴン」

【 TOTO 】のセカンドアルバム「ハイドラ」、組曲の2曲目「セント・ジョージ&ザ・ドラゴン」

 

こんにちは、メローです。
(60’s ~ 80’s ロック好きのメローなロッカーです。)

セント・ジョージ&ザ・ドラゴン

前回に引き続き、TOTOです。 アルバム「ハイドラ」から、

ヘラクレスが、9の頭を持つ不死身の獣ヒュドラーを倒す神話を題材にした、続きの曲、
古いファンは「ハイドラ」から「セント・ジョージ&ザ・ドラゴン」が続けてはじまると、思わず『そうそう、この感じ』となるのです。できれば、次の「99(ナインティナイン)」まで止めずに『一気に聴きたい!』と思っていると思います。

St. George and the Dragon

 

ライヴは、35周年のポーランドでのコンサートです。

 

 

周りを固める凄腕

ベースにネイザン・イーストが加わっています。
マルチな才能で、エリック・クラプトンやフィル・コリンズと協演したり、フュージョンのスーパープレイヤー4人組みのフォープレイのメンバーでもあるネイザン、『すごいな』と思っていたら、『えっ、ここにも?』ということで、TOTOのツアーにもいました。
エリック・クラプトンからスティーブ・ルカサーまで、年代を問わず親交が厚いネイザン、人柄が感じられますね。

ドラムスには、サイモン・フィリップス
ジェフ・ベックやスタンリー・クラークとの協演は素晴らしかったですね。
サイモンは、『とにかく手数が多い、でも原曲を邪魔しないと言うか、ドラミングが流れるように曲の中を泳いでいる』という印象です。やっぱり、天才と呼ばれるだけあると思います。

残念なことに、このポーランドのツアー後に、脱退しました。

バッキング・ボーカルを務める、エイミー・キーズマヴート・カーペンターも歌唱力と雰囲気バツグンです。

安定感があり、”アルバムの音源をしっかり再現する”ポリシーが感じられて、安心して聴いていられます。
スタジオでのテクニックをステージで再現できるのは、やはり、凄腕のセッション・ミュージシャンのできる技だなと聴き入ってしましますね。

このコンサート、「アフリカ」がまた良いんです!
いろんなメンバーとプレイしていますが、このポーランドのコンサートのステージが一番だと思います。

TOTOの関連記事

1978年にデビューした、凄腕スタジオ・ミュージシャンの集合体【TOTO】アルバムにストーリーがある作品「ハイドラ」

スーパースターの音源もすべて残せるように頑張って盛り上げていきましょう。

      
思いついたフレーズも忘れずメモリー



身近にやさしいスピーカーを



ギターの習得を




ご覧いただき、ありがとうございました。

ロックカテゴリの最新記事