スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

ジェフ・ベックの「ブラッシュ・ウィズ・ザ・ブルース」、アルバム「フー・エルス!」にもライヴ音源、スタジオヴァージョンが聴いてみたい!

ジェフ・ベックの「ブラッシュ・ウィズ・ザ・ブルース」、アルバム「フー・エルス!」にもライヴ音源、スタジオヴァージョンが聴いてみたい!

こんにちは、メローです。
(60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。)

ブラッシュ・ウィズ・ザ・ブルース

曲の冒頭に少しだけ、アルバム「ワイアード」の3曲目に収録された「グッバイ・ポーク・パイ・ハット」のテイクがあります。
アルバムでは、このグッバイ・ポーク・パイ・ハットだけ、カバー曲を採用していますね。
気難しいと言われていて56歳くらいで亡くなられてしまったアメリカのジャズベース奏者のチャールズ・ミンガスのカバーです。
ワイアードは1976年にリリースされました。
よく聴きました。いや、いまでもヘビロテで聴いてます。

また、「ブラッシュ・ウィズ・ザ・ブルース」は、1999年リリースの「フー・エルス!」での収録です。
これも偶然になのか3曲目の収録です。
しかも、この曲だけ「フー・エルス!」の中でライヴ音源です。
よくA面はスタジオ音源、B面はライヴ音源というように混ざり合っているアルバムや
意味があってその曲だけライヴ音源ということはあると思います。
なぜ、「ブラッシュ・ウィズ・ザ・ブルース」だけライヴ音源なのか興味深々です。
アルバムもライヴなので、プレイもノリノリです。
スタジオ録音の原曲が世に出ていないとなると、ぜひともスタジオヴァージョンが聴きたくなってきますね。




ヒーリングスピーカー PR-018【YU-ON】」
まるで音の空間に包まれるような感覚


小型なのに!?サイズを超えた重低音を実現【KS-1HQM】PCスピーカー

ボールペン型ICボイスレコーダー

  

ご覧いただき、ありがとうございました。

ロックカテゴリの最新記事