スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

ジェフ・ベックとエリック・クラプトンが若い頃を思い出しているような協演、マディーのカヴァー「ユー・ニード・ラヴ」

ジェフ・ベックとエリック・クラプトンが若い頃を思い出しているような協演、マディーのカヴァー「ユー・ニード・ラヴ」

こんにちは、メローです。
(60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。)

ユー・ニード・ラヴ

またまた、マディ・ウォーターズのカヴァーです。

その頃(ジェフ・ベックエリック・クラプトンキース・リチャード、そして彼らと世代をともにしたその他大勢のブルースをこよなく愛したギタリスト達がまだまだ駆けだしだった頃)、
皆、思い々々の憧れとギターで成功してやる!という強い信念もって、マディー・ウォーターズのナンバーをコピーしていたんだと思います。

ジェフ(・ベック)とエリック(・クラプトン)もアプローチは違っていたけれど、必死に追いかけていたんでしょうね。
ジミー・ペイジを挟んで、ジェフとエリックは比較的若いころから面識があったんだと仮定すると、
その若い二人が、今回の二人のように、
『一つの部屋でソファに座り、一緒にギターの練習をしていたんじゃなかな?』なんて想像力豊かに勝手に妄想し、なんだか微笑ましく感じます。

それにしても、アプローチが全然違いますね、目が離せないステージの内の一つです。



 

 小型なのに!?サイズを超えた重低音を実現【KS-1HQM】PCスピーカー
 アコースティックギターなら石橋楽器店!

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

ロックカテゴリの最新記事