スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

プロレスハンターの異名をとった左ハイキックを武器にした最強ストライカー【ミルコ・クロコップ】

プロレスハンターの異名をとった左ハイキックを武器にした最強ストライカー【ミルコ・クロコップ】

こんにちはー。
痛いのが嫌いなので絶対やりたくないけど格闘技を観るのも大好きなじょびスポです。
3月2日にある選手の引退発表を知ってめっちゃ驚きました。

プロレスハンター【ミルコ・クロコップ】

K-1で大人気となり、総合格闘技にも進出し活躍したミルコ・クロコップ。
そんな彼が事実上の引退となりました。
まさか練習中に脳卒中になるなんて。。。

クロアチアの総合格闘家ミルコ・クロコップが引退発表

とっても残念な発表でしたよね。

画像引用元 Wikipediaより

ミルコ・フィリポビッチ
1974年9月10日生まれ
クロアチア・ヴィンコヴツィ出身
身長188センチ 体重110キロ

ミルコ・クロコップと呼ばれてましたが、彼が元警察官という肩書きであり、クロアチアのコップ(警察官)ということからクロコップと呼ばれてました。
本名ではないんですよー。

プロレスハンターとも呼ばれており、藤田和之・永田裕志・桜庭和志などプロレスラーを撃破。
高田延彦はプロレスラーで唯一敗戦はしてませんが、ローキックで右足を骨折し試合の大半をグランドで戦ってのドロー。
キックボクシングがベースであり、立ち技のK-1から総合に移ってもやはり打撃中心で勝利の山を築いてました。

マジで強かったわぁーー。

60億分の1の男VSターミネーター

僕の中でのミルコのベストバウトは対ヒョードル戦です。
結果的には判定でヒョードルに負けてしまったミルコですが、当時最強と評されていたヒョードルに対して真っ向から打撃戦に出たミルコは素晴らしかったぁー。

ヒョードルに関してはこちらの記事もご覧ください→立って良し!寝て良し!氷の皇帝と呼ばれた人類最強の男【エメリヤーエンコ・ヒョードル】

鳥肌立つわぁーーーー!!!
本当に凄い戦いでしたぁー。
もうミルコの試合が観れないのは残念ですが、これまで本当に楽しませてもらいました。
これからは身体に気をつけて強い選手を育てて欲しいですね。

ミルコ・クロコップありがとうーーー!
お疲れ様でしたぁーーー!!!

今後はミルコの育てた選手が出てくるのを楽しみにしてたいと思います。
いつかヒョードルの育てた選手との試合なんか見たいですねぇー。
それでは、またっ!
 


格闘技・ボクシングカテゴリの最新記事