スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

「Take Me To The River」 ザ・アームズ・コンサートでの協演 アンディ・フェアウェザー・ロウがウィンウッドとクラプトンの間に居る、そして若い!

「Take Me To The River」 ザ・アームズ・コンサートでの協演 アンディ・フェアウェザー・ロウがウィンウッドとクラプトンの間に居る、そして若い!

1983年のチャリティー・コンサート「The ARMS Concert」の様子

当時すごい話題になりました

その中から、ワクワク感たっぷりの

Take Me To The River

アル・グリーンの1974年の曲

映画「Take Me To The River」のタイトルなった曲ですね

メンフィスの宝と言われたソウルミュージックのセッション集のような映画のタイトル


ライヴは1983年のものなんで、みんな若いです。

なんたって、嬉しいのが アンディ・フェアウェザー・ロウ

こんな若くしてピチピチしてるアンディが見れるなんて それも ウィンウッドと同じステージのものを

アームズ・コンサートのメンツもすごいし、

映画・テイク・ミー・トゥ・ザ・リヴァーのメンツもこれまたすごい

音楽の発生と多様化の無限を感じます

 

ロックカテゴリの最新記事