スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

クラプトンが憧れたJ.J.ケイル 「Anyway the Wind Blows」 JJによる「Cocaine」もごちそうです

クラプトンが憧れたJ.J.ケイル 「Anyway the Wind Blows」 JJによる「Cocaine」もごちそうです

だれでも、自分の理想となる人と出会ったことがあると思う

よくあるのが 仕事の進め方の 師匠のような人

私は 30代後半にその人に出会った

それまでは 自分の我慢強くない性格や 自分勝手にルールを作ろうとするやり方で生きてきた

そんなんだから 挫折 転職

 

その時に その人に 出会った

キビシイ人だった 休日も 昼夜も無く 携帯が 鳴り響いていた

そして 架かってくると これが長い 出口が無い 「どこか 逃げ道をつくっといてくれー・・」

その時 初めて 憂鬱な気持ちというものを抱いた 「かんべんしてくれー・・」

 

しかし 仕事人生を振り返ってみると

その人の 何万分の1位だが その人の やり方を 踏襲している

俺の部下だった方たちは 大変だったろうなあ・・

J.J.ケイル

クラプトンが憧れたミュージシャン

しかし 同じことをしようとはしなかった

影響は大きかったが クラプトンは自分のスタイルを模索した

Anyway the Wind Blows

クラプトンのJ.J.ケイル ナンバーと言ったら

やっぱり COCAINE になりますよね

なんとも、聞き惚れます

 

ロックカテゴリの最新記事