スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

自分の等身大を受け入れて そして向上する 決められた所から決められた場所へのスライドではなく グリッサンドのように

自分の等身大を受け入れて そして向上する 決められた所から決められた場所へのスライドではなく グリッサンドのように

エリック・クラプトン

クラプトンのブルースを本気で聴いたのは
ジョン・メイオールと一緒に演ったときのが最初かも知れない

ヤードバースを抜けて まだ二十歳そこそこだったと思いますが
すぐそこに大金があるのにあっさり抜けた ってことを後々の雑誌や書籍で知るんですが
ただ「すごいな」だけでない


フォー・ユア・ラヴ~♫
そりゃ 嫌だったろうな となんとなくわかる

それで ジョンの家に居候して
すごい沢山のブルースのコレクションをず~と聴いてた
その環境に巡り合えて 次のクラプトンにつながって行ったんですね

大人のジョンに巡り合えてよかったなあとも思う

それで 最初の曲が オーティス・ラッシュというのがいいですね

All Your Love

そのもととなる

オーティスのプレイ
ギターとヴォーカルがカチッとはまってる感じがいいです

この味を出せるのは やっぱり クラプトンか・・

 

 

ロックカテゴリの最新記事