スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

スティーブ・ハケットとハウが組んだ!『頼む、プログレッシブ・ロックを演ってくれ!』

スティーブ・ハケットとハウが組んだ!『頼む、プログレッシブ・ロックを演ってくれ!』

こんにちは、60年代から80年代のロック好きのメローなロッカーです。

ギターと言う名のバンド【GTR】

スティーブ・ハケットは、77年にジェネシスを脱退してからソロを中心に活動していましたね。
その途中、1986年に『えっ?』と思わせるバンドを1年 組みました。その情報は本当に唐突(と言っても、当時、外国のバンドの結成の情報は、ネットも無いし唐突なんですけどね)にやって来て、『いやな予感・・』と瞬時に感じました。
そうなんです。元「イエス」の【スティーブ・ハウ】とバンドを組んだのです。当時、アルバムが手に入らなくて、入手しそうな人を伝を頼って頼って探して、やっと聴いた。という感じでした。

メンバーのクレジットは、「ハケット」、「ハウ」の他に、初めて聞く人が数名。「マックス・ベーコン(vo.)」、「フィル・スポルディング(b.)」、「ジョナサン・ムーバー(ds.)」。
(しばらく時間が経ってから調べたら、マックスとフィルは「マイク・オールド・フィールド」のアルバムとかツアーに参加していたみたいですね。)

耳に飛び込んできたのが、「when the heart rules the mind」

聴いていただいた後で恐縮ですが、当時の私の感想は、
プロデュースが「ジェフリー・タウンズ」と来れば、ど真ん中で『【エイジア】じゃん。』、『なにこのポップで爽やかなボーカル?』・・・で、【エイジア】で味わった落胆と同じでした。それに、メンバー構成で仕方ないですが、『スケール小っちゃ。』です。
せっかく「ジェネシス」のリードギターの「ハケット」と「イエス」のリードギターの「ハウ」が組んだのにもったいない。・・・このバンドは、1年で解散しましたね。
ほんとに不思議なバンドでした。

エイジア

ところで、エイジアと言えば、ファーストアルバムをエアチェック無しで、興奮して買い、聴いて『えっ?』、『このメンバーだったら感動的な【プログレッシブ・ロック】をみんな期待してるよ!何故だ!』・・・それ以降のエイジアのアルバムは店頭では手に取るけど、ため息と一緒に棚に戻すことの繰り返しで、持っているのはファーストだけです。

でもって、「heat of the moment」

80年代は、プログレからポップに舵を切ったアーティストがたくさん出ましたね。

スティーブ・ハケットの関連記事は→ジェネシス再訪とキング・クリムゾンとの交友、そして東京テープ

スティーブ・ハケットの関連記事その2→ランボルギーニ・レーベル最初のアーティス、スティーブ・ハケット

ヒーリングスピーカー PR-018【YU-ON】」
まるで音の空間に包まれるような感覚

【オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座】

30日でマスターするギター講座 教本&DVD

ご覧いただき、ありがとうございました。

ロックカテゴリの最新記事