スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

『神の子』山本“KID”徳郁のことを知らない世代に知ってもらいたい!どれだけ強くてカッコよかったのか!

『神の子』山本“KID”徳郁のことを知らない世代に知ってもらいたい!どれだけ強くてカッコよかったのか!

こんにちはー。
今日はちょっと凹み気味な僕です。

お昼にスマホアプリのニュースに格闘家『山本KID徳郁』さんがガンのため死去と・・・
え?マジで?
8月にガンの闘病中とカミングアウトして、まだ日も浅かったのに・・・
信じられない気持ちと、信じたくない気持ちでいっぱいでした。

所属していたKRAZY BEEからも投稿されてました。
3月生まれのKIDさんは1学年上にはなりますが、同じ41歳としては早すぎる死を本当に残念に思います。
ご冥福をお祈り致します。

画像引用元 KRAZY BEEより

神の子【山本KID徳郁】

山本徳郁(のりふみ)
1977年3月15日生まれ
身長163センチ 体重61キロ

レスリングのミュンヘンオリンピック日本代表選手だった父・山本郁栄氏の長男として生まれる。
姉・美憂さん、妹・聖子さんはともにレスリングにて世界選手権を制覇しており格闘一家の一員です。
幼少の頃よりレスリングでオリンピックを目指していたが、全日本選手権で惜しくも準優勝に終わってしまい、シドニーオリンピック代表が絶望的となり、総合格闘技の世界へと転身。

画像引用元 DREAMより

総合格闘技がベースにも関わらず、天性の当て感の良さを武器に打撃が得意技。
立ち技のK-1にも出場し、当時のK-1スーパースター魔裟斗とも名勝負を繰り広げてました!

「神の子」「KID」というニックネームの由来は本人曰く、「ミュンヘンオリンピックに出場した父親(山本郁栄)は自分の中では神。だから俺は神の子(KID)」「格闘の神様の子供」というもの。
しかし、この発言以前に、「大学時代、俺の小柄な身体を見たレスリング部の先輩から、まるで子供みたいだから、KIDだ。とあだ名されたのが最初」とも本人が語っている。
引用元 Wikipediaより

衝撃の打撃!試合開始4秒で飛び膝KO勝ち!

KIDの魅力はなんと言っても打撃!
持ち前の圧倒的なスピードでの出入りからの強烈なパンチ。
ここぞの場面で仕止めにいく際の野生的な動き!
勝ち方にも華のある選手でしたぁーーー!

レスリングのシドニーオリンピック日本代表だった宮田和幸選手との試合も凄かったぁー。
試合開始4秒、ファーストコンタクトでの左飛び膝蹴りが見事に入って一撃KO勝利!
右膝と見せかけたフェイントに反応したところに本命の左膝!!!
宮田選手は顎の骨を骨折して長期離脱という結果に。

もうこの映像たちを見てくれ!
そうしたらKIDの凄さが分かるはずだから。

間違いなく、日本の格闘技界人気を牽引した男が山本KID徳郁でした。
僕にとってのスーパースターが山本KID徳郁。
こうやって書きながらも目頭が熱くなってしまいます。

本当に残念で仕方がないっす。
ガンを発表してからもKIDだったらきっと復活して帰ってくる。
だって『神の子』だから!
そんな風に思って待ってただけに本当に残念で悲しいっす。

神の子『山本KID徳郁』、今まで楽しませてくれて、ワクワクさせてくれてありがとう!
ご冥福をお祈りいたします。


格闘技・ボクシングカテゴリの最新記事