スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

現在日本人最強バンダム級ファイターの大晦日の試合で大興奮の一本勝ち!【堀口恭司】

現在日本人最強バンダム級ファイターの大晦日の試合で大興奮の一本勝ち!【堀口恭司】

こんにちはー。
大晦日の格闘技RIZINでの戦いを書こうと思いながらも、だいぶ時間が空いちゃいました。
そのまま書かずにいこうと思ったんですが、やっぱり書いておこうっと。

RIZINバンダム級王者【堀口恭司】

現在、日本の総合格闘家の中で最強と言っても過言ではない男が堀口恭司です。
幼少期より伝統派空手を習い、そこから総合格闘家へと転身した堀口は立ち技での打撃が魅力ですが、寝ても強い!

画像引用元 Naverまとめより

堀口恭司(ほりぐちきょうじ)
1990年10月12日生まれの28歳
群馬県高崎市出身
身長165センチ 体重61キロ

現在の所属はあの山本KID徳郁さんのジムであるKRAZY BEEです。
空手からMMAへ転向後は修斗で実績を積み、2013年にはUFCデビューし4連勝を飾りました。
そして2017年3月には日本の格闘技を盛り上げたいとRIZINに電撃参戦し、フライ級からバンダム級へと階級をあげて臨んだバンダム級GPでも優勝。
日本の総合格闘技界を引っ張る男になりました。
まずは堀口恭司の強さを知ってもらうためにも動画から紹介。

鋭い踏み込みからのパンチの連打スゲェーーー!!!
マジで強いっす。

特別キックルールで那須川天心とも対戦

打撃が魅力の総合格闘家である堀口恭司選手は、キックボクシング界の神童・那須川天心選手とも対戦しています。
この時は総合ルールではなく、特別キックルールでの対戦でした。
キックボクシングスタイルで戦う那須川天心に対して、いつもの総合ルールと同じようにスタンスを広くとりながら戦う堀口恭司選手。
独特の間合いからの飛び込みの速さがあって面白かったなぁー。
お互いを認め合いながら、この戦いを楽しんでいる二人の姿が印象的でした。
結果は3−0の判定で那須川天心の勝利となりましたが、見応え十分の戦いでした。

総合ルールだったら、やっぱり堀口恭司の方が強いんだろうなぁって思っちゃいますが、いつか総合ルールでの再選が見れることを願ってます。

大晦日のビッグマッチ【ダリオン・コールドウェル戦】

年末大晦日のRIZIN.14ではアメリカ格闘技団体ベラトールの現役王者であるダリオン・コールドウェルとのバンダム級タイトルマッチを行いました。
実は、この放送時間に厄年会の手伝いで神社に行く集合時間だったんですが、この試合だけは見せてくれとお願いして遅れちゃいました(笑)。
でも、それくらい見たい試合だったんです!

画像引用元 RIZINオフィシャルサイトより

立ち技からの打撃を仕掛けたい堀口に対して、コールドウェルは徹底して得意のグランドでの攻防へと持ち込む。
非常に相性の悪い戦いでしたー。
打撃をかいくぐって組みついてテイクダウンを狙うコールドウェル。
組みついたら身体を絶対離さないという徹底した戦いで堀口の良い部分を消して試合を有利に運んでました。
なんとか引き離して立ち上がるも攻め手を欠く展開で1ラウンド終了。
2ラウンド目も同じように組みついてくるコールドウェル。。。
なんとか引き離したいが、執拗に組みついて離れず動きを封じてくるコールドウェル。
さすがだし、強引に動いてミスをすると関節を狙われてしまうという苦しい展開で決め手を欠いたまま2ラウンド終了。
判定になるとこれはマズイだろうなっていう展開でした。

ファイナルラウンドこそ打撃に期待したいと思っていたところ・・・
45秒ほどが経過したところでまた同じようなグランドの体勢になってしまいました。。。
うわぁーーー。また同じ展開で判定までいっちゃうわぁ・・・と諦めムードになりそうでしたが・・・

コールドウェルの頭が堀口の左脇の下に深く入ってしまったところを逃さずフロントチョークでまさかの一本勝ち!!!
これには大興奮でしたぁーーー!!!
まさかそこでフロントチョークが極まるなんてぇーー!
まさに衝撃の結末でしたね。

インタビュー記事も読んでみたのですが、堀口選手は思ってた以上に冷静で、相手のペースのように見えたが自分がペースを握っていたという感想だったんですよね。

「相手はレスラーなので、寝かされても極められないように。まずは防御から入って、その後にどう返していくか。寝かされることをひとつの前提としてプランを立てていた。」

「相手はテイクダウンを狙っていたが、自分は背中をつけないでしのいで、相手の体力を奪っていた。自分はバランスとって座っているだけなので体力は削られないが、相手は全身の力を使って寝かそう寝かそうとするのでかなり体力を削られていた。」

引用元 TOKYO HEADLINEより

目に見えていることだけが全てじゃないんだなぁー。
格闘技って奥が深いなぁーって素直に感じちゃいました。
熱く戦っているように見えて、実際はクールに戦況を見つめながら戦っているんですねぇ!
次の堀口恭司選手の試合も楽しみです!!!
また僕らを大興奮させるような試合を期待したいですね!

それでは、またっ!
 


格闘技・ボクシングカテゴリの最新記事