スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

ジョージ・ベンソンとアール・クルーのコラボレーション、こんなコラボがあったんだと嬉しいアルバムです

ジョージ・ベンソンとアール・クルーのコラボレーション、こんなコラボがあったんだと嬉しいアルバムです
こんにちは、メローです。
(60’s ~ 80’s ロック好きのメローなロッカーです。)

ジョージ・ベンソン/アール・クルー

コラボレーション

1943年生まれのジョージ・ベンソンと1953年生まれのアール・クルーが、1987年にコラボレーションしました。作品名も【コラボレーション】
リリースは87年で、このアルバムに出会ったのは、ジョージ・ベンソンがGRPレコードに移籍して「スタンディング・トゥゲザー」を発表した頃ですので、約10年後、こんなコラボがあるんだという感覚でした。

「スタンディング・トゥゲザー」と「コラボレーション」のアルバムジャケットの写真を並べて『貫禄でたな~』なんて思ってました。
 

ピックによるピッキングとフィンガーピッキングの協演
スティール弦とナイロン弦の協演
エンターティナーとシャイの協演
その他どんな協演がありますか?
いろんな楽しみ方ができる作品ですね。

ドリーミング(dreamin’)

 

ドリーミングは、ベーシストでもありコンポーザーでもある、マーカス・ミラーの曲です。
美しい曲ですね。

ギター欲しい~

子供の頃、『ギターが欲しい~!』となったら、「親から買ってもらう」は、普通ではなかったです。
まず最初は、誰か、親戚の”おじさん”とか、”いとこ”とか、近所の”おにいさん”のお古を安く譲ってもらうのが多かったです。
私も従兄に譲ってもらいました。(フレット音痴のギターだったような記憶です)
『フォークギターが欲しい~!』は、その次の段階で、まず手に入るのは、ナイロン弦のアコースティックギターでした。(テレビに出て白いフォークギターをもらえる番組があったなあ。)
それで、フォークとか歌謡曲を『ジャンジャカ♫』してました。
その内、一人、また一人とフォークギターを買ってもらえる友人が出てきて、それを借りて少しだけ『ジャンジャカ♫』できるようになって行きました。
『懐かしいなあ』

たくさんの名盤が出ていますね。音源を守って行きたいですね。

ジョージ・ベンソンの関連記事

①:ジョージ・ベンソン、スティービー・ワンダーの「レイトリー」をカバー、ゲストはジョーサンプル
②:ジョージ・ベンソン、GRPレコード移籍第3弾、アブソルート・ベンソンから「Deeper than you think」

        



【オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座】

【楽器つき初心者向けウクレレ講座】



テレビ台/AVボードの専門店

ボールペン型ICボイスレコーダー

小型なのに!?サイズを超えた重低音を実現【KS-1HQM】PCスピーカー



ご覧いただき、ありがとうございました。

フュージョンカテゴリの最新記事