スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

サンタナ「ブラック・マジック・ウーマン」、オリジナルはブルース「フリートウッド・マック」の名曲

サンタナ「ブラック・マジック・ウーマン」、オリジナルはブルース「フリートウッド・マック」の名曲

こんにちは、メローです。
(60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。)

ウッドストックで、度胆抜かし

カルロス・サンタナは、1969年バンド【サンタナ】としてデビューしました。
デビューのきっかけは、みなさんご存知のウッドストックへの出演です。
確か、30組以上のアーティストが参加したと思いますが、そんな中で、サンタナは、オーディエンスの誰も知らない(は、言い過ぎですが)バンドで、誰も期待してなかった状況だと思います。
『まあ、賑やかしに聴くか』くらいの気持ちだったと思います。
しかし、これを見事に打ちのめしました。
ベトナム戦争が混とんとする時代背景の中で、サンタナの未知のスーパープレイに若者たちは、『何か出口を、何か光を』見いだしたのかも知れませんね。

ラテン・ロックの源流

ウッドストックでの成功がデビューに繋がりましたね。1969年アメリカン・ドリームを成しえました。

70年には、第2段アルバム「天の守護神」をリリース

2曲目の「ブラック・マジック・ウーマン/ジプシー・クイーン」が大ヒットしてトップアーティストの仲間入りを果たしました。
パーカッションを積極的にフーチャーし、ラテン・ロックの源流になりました。

ブラック・マジック・ウーマン

ブルース・ブレイカーズ(ジョン・メイオール with)

サンタナのブラック・マジック・ウーマンの大ヒット、ラテン・ロックの源流には、まだ上流があります。
このブラック・マジック・ウーマンは、これもご存知の方多いと思いますが、フリートウッド・マックのカバーですね。

ジョン・メイオール率いるブルース・ブレイカーズのリード・ギターリストだったエリック・クラプトンが脱退し、その後釜にピーター・グリーンが加入しました。
ピーター・グリーンは、期待以上の応えを出し注目されましたが、1967年ブルース・ブレイカーズでの盟友のミック・フリートウッドと最終的にフリートウッド・マックを結成します。
そして日本デビュー盤イングリッシュ・ローズ(イギリスでは、ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック)にこのブラック・マジック・ウーマンが収録されています。
原曲は、ブルースですね。

ミック・フリートウッド ブルース・バンド

ブラック・マジック・ウーマン

9分に及ぶブルース、聴きごたえあります。

2008年イギリス、カンタベリーでのコンサートです。
どうでしたか、サンタナのラテンの泣きもいいですが、ブルースの泣きもいいですね。
どちらも主役です。
歳を経ると、どうもブルースの方が、いいような気になります。





【初心者向けアルトサックス教本&DVD 3弾セット】
【30日で弾ける初心者向けギターレッスン 3弾セット】
【オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座】
ご覧いただき、ありがとうございます。

ロックカテゴリの最新記事