スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

『変幻自在のトリックスター』須藤元気は引退後もWORLD ORDERでトリッキーな活躍をみせている!

『変幻自在のトリックスター』須藤元気は引退後もWORLD ORDERでトリッキーな活躍をみせている!

こんにちはー。
先日、Youtubeで久し振りに好きだった格闘家のMVを見ちゃいました。
MV?ミュージックビデオっす。
格闘家を引退後には音楽業界にも進出したりとトリッキーな活躍を見せる男のことを書きます。

変幻自在のトリックスター【須藤元気】

何をしてくるのか分からないスタイルで相手を幻惑して自分のペースに持ち込んで勝ってしまう総合格闘家。
独特の格闘スタイルから『変幻自在のトリックスター』と呼ばれた須藤元気。
『反逆のカリスマ』魔裟斗や、『神の子』山本KID徳郁と同年代に活躍した選手です。
次は何をしてくれるのかとワクワクしながら試合を楽しんでました。

画像引用元 Naverまとめより

須藤元気(すどうげんき)
1978年3月8日生まれ
東京都江東区出身
身長175センチ 体重70キロ

須藤元気は早生まれですが僕と同い年なんですよねぇー。
独特の感性とリズムで相手を翻弄していたのですが、試合中にロボットダンスを踊ってしまったり、飽きさせない選手だったんですよぉー。
そんな中でも相手の一瞬の隙を突くバックハンドブローの切れ味は鋭かったなぁー。

ド派手な入場

試合前にもお楽しみタイムがありました。
須藤元気はリングイン時に毎回違ったド派手な入場パフォーマンスをして会場を盛り上げてくれてました。
パフォーマンスの衣装代やダンサーの出演料など実費で払ってたなんて話もあるくらい。
まぁまぁの時間をかけて踊りながら入場をしてくるんですが、ちょうどいいアップ代わりなのかも知れませんね(笑)。
どれくらいド派手な入場パフォーマンスだったかは動画でご覧くださいませ。

まるでライオンキングのようなミュージカルのよう。
他にもいろんな入場パフォーマンスが見れるので気になった方はYoutubeで検索してね。

パフォーマンス集団 WORLD ORDER

須藤元気は格闘家としての顔を持ちながらも既成概念に捉われない活動も同時にしていました。
K-1 WORLD MAXでデビューした2002年には『凶気の桜』で映画俳優デビュー。
 

まだ引退前の2006年9月には『Love&Everything』で歌手デビュー。
さらには同年に開催された第58回毎日書道展入選。
書家としても活動してるんですねぇー。

現役引退後は拓殖大学レスリング部の監督を務めたり、世界学生レスリング大会では日本代表監督も務めてます。
現在も書家としても活動していたり、いろんなジャンルで活躍をしているのですが、僕が一番好きな活動はミュージシャン&パフォーマンス活動!
WORLD ORDERというパフォーマンスユニットを結成し、世界で活動してるんです。
ダンスパフォーマンスも圧巻!

街ゆく人たちが驚いたように見つめているのが印象的ですね。
楽曲もエリクトリックでカッコイイ!!!
歌って踊れる須藤元気カッコイイわぁー。

WORLD ORDERとして楽天ゴールデンイーグルスの始球式に登場した時のパフォーマンスも面白かったなぁ。

須藤元気は総合格闘技を引退した後もトリッキーな活躍をみせてくれており、今後も楽しみだなぁー。
それでは、またっ!
 


格闘技・ボクシングカテゴリの最新記事