スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

華麗な飛び技でFMWのスターレスラーとして活躍した不死鳥ハヤブサは今見ても美しい。

華麗な飛び技でFMWのスターレスラーとして活躍した不死鳥ハヤブサは今見ても美しい。

こんにちはー。
自分は絶対やりたくないけど格闘技を見るのは大好きなじょびスポです。
痛いの嫌なのでやろうとは思いませんけどね。
早いもので今年の3月で四周忌を迎えた名レスラーのことを書いておきます。
僕と年齢の近い方だと覚えてる方も多いんじゃないかなぁ?

FMWのスターレスラー【ハヤブサ】

プロレスには全日本プロレスと新日本プロレスという二大メジャー団体以外にも様々な小さい団体があります。
今はなきFMWのスターレスラーとして人気だったハヤブサ選手。
華麗な飛び技はファンを魅了した素晴らしいレスラーでした。

画像引用元 新日本プロレスリングより

ハヤブサ(本名:江崎英治)
1968年11月29日〜2016年3月3日(享年47歳)
熊本県八代市出身
身長183センチ 体重85キロ

熊本商科大学在籍時にプロレス同好会に入り、学生プロレスを始める。
1991年に同好会の同期であったミスター雁之助とともに大仁田厚が代表を務めるFMWの入団テストを受け合格し、1991年5月5日にデビュー。
ハヤブサがスターレスラーへと成長する転機となったのが1994年に開催された第1回スーパーJカップでの獣神サンダーライガー戦。
ファンの心に残る熱戦に敗れながらも男をあげた戦いっぷりでした。

獣神サンダー・ライガー圧倒的有利と言われた中での大健闘。
その後は大仁田厚の引退試合の相手も務め、新生FMWの看板選手として活躍し全日本プロレスへもスポット参戦することにもなるほどプロレス界全体からも認められるレスラーとなりました。
しかし、2001年10月22日の試合中のアクシデントにより頚椎損傷の重傷をおってしまい一時は首から下が全く動かない状態になってしまいました。
15年もの長い間、必死のリハビリを続け杖を使って200mほどの距離を歩けるほどまで回復するも2016年3月3日にくも膜下出血により帰らぬ人となってしまいました。

美しき飛び技の数々

ハヤブサと言えば、華麗な飛び技を思い出します。
空中姿勢がとても美しく華があるんですよね。
メキシコでも活躍していただけに飛び技系は得意だったんですよね。
ファイヤーバード・スプラッシュを初めて見た時はビックリしましたもんね。
リングの外へのトペ・コンヒーロやラ・ケブラーだもキレイだったなぁー。
ということで、ハヤブサの華麗な技をお楽しみください。

今見ても華麗でウットリしてしまう技の数々。
素晴らしいレスラーでした。
きっとこれからも僕の中では飛び技の基準はハヤブサなんだろうな。
今日は忘れずにいたい名レスラー・ハヤブサの紹介ブログでした。
それでは、またっ!
 


格闘技・ボクシングカテゴリの最新記事