スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

イタリアの至宝『永遠のファンタジスタ』ロベルト・バッジョの愛称【コディーノ】

イタリアの至宝『永遠のファンタジスタ』ロベルト・バッジョの愛称【コディーノ】

こんにちはー。
プレーするのは野球、観戦するのはサッカーが好きなじょびスポです。

今日は大好きだった往年のサッカー選手のことを書いていきまーす。

永遠のファンタジスタ【ロベルト・バッジョ】

元イタリア代表の10番ロベルト・バッジョ。
その華麗なプレーでファンを魅了した偉大なファンタジスタ。
いまだにファンタジスタといえばロベルト・バッジョと答えるサッカーファンも多いと思います。

ロベルト・バッジョ
1967年2月18日生まれ
イタリア・ヴェネト州出身
身長174センチ 体重73キロ

1982年にセリエCのヴィチェンツァでプロデビューし、1985年にはセリエAのフィオレンティーナへ移籍。
1990年には当時の史上最高額150億リラの移籍金でユヴェントスへと移籍し大活躍。
FIFA最優秀選手賞やバロンドールも受賞しました。
その後はACミラン、ボローニャ、インテル・ミラノ、ブレシアと活躍の場を移し2004年に引退。

魔法使いのような華麗なボールタッチで数々のファンタジックなプレーを魅せてくれました。
僕も彼のプレーに魅了されたファンの1人で引退後にはDVDも買っちゃったくらい。

まずは、彼の素晴らしいプレー集から紹介しますんで魅了されちゃってくださいませ。

後ろからのボールめっちゃトラップするやん!
大迫よりもハンパないトラップだと僕は思ってます!
マジで凄いトラップは0:42〜 から見れます。

愛称【コディーノ】は『馬の尻尾』

ロベルト・バッジョは通称『ロビー』と呼ばれてました。
僕が唯一ロベルト・バッジョのプレーを見たのは1999年に国立競技場で開催されたJOMO CUP。
WORLD DREAMSのゲストプレイヤーとしてレオナルドと共に出場してた試合を見に行きました。
大学の友人と大声で『ロビーーーー!!!』と叫びまくってたのが印象に残ってます。
あの試合をゴール裏から見てたのを思い出すと興奮するわぁー。
バッジョの2ゴールはマジで凄かったぁーーー。

バッジョの愛称はもう一つあって『コディーノ』と親しみを込めて呼ばれています。
コディーノは彼の髪型からついたニックネーム。
黒髪で前がパーマ、伸ばした後ろ髪を縛っていました。
コディーノとはイタリア語で『馬の尻尾』のこと。
このコディーノ・ヘアがバッジョのトレードマークでした。

最高の選手だったなぁー。
今見てもボールタッチが柔らかくて上手いわぁー。

懐かしいし最高っす。
ロベルト・バッジョを知らない世代にも知って欲しい名選手の紹介でした。

それでは、またっ!
 


サッカーカテゴリの最新記事