スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

クリームの3人で演る「バッジ」、ライヴでは初めて! 37年の時を経てタイムカプセルが、夢のパフォーマンスを載せてきました。

クリームの3人で演る「バッジ」、ライヴでは初めて! 37年の時を経てタイムカプセルが、夢のパフォーマンスを載せてきました。

 

こんにちは、メローです。
(60’s ~80’s ロック好きのメローなロッカーです。)

N.S.U. (エヌ・エス・ユー)

前回も、【ジャック・ブルース】のヴォーカル曲で「エヌ・エス・ユー」でした。原曲は、「フレッシュクリーム」に収録されています。
ドライブ感のあるハードなナンバーで、ジャック・ブルースのベースとエリック・クラプトンのギターのアンサンブルが緊迫して緊張感がありました。
それに加えて、ジンジャー・ベイカーのドラムスは、ブルドーザーのように前方に立って『退けどけ!』という感じでガンガン進んでいく小気味のいい曲でした。
「クリームには、バンドリーダーが居ない」ことを印象付ける曲だと思います。

 

 

初めてのライヴ披露

次の曲は、「エリック・クラプトン」のヴォーカル曲で、「バッジ」です。

この曲は、クリームが解散後にスタジオ録音した「グッバイ・クリーム」に収録されています。
”解散後のスタジオ録音” と言うことは、
『当然、ライヴ音源が無い!!』 と言うことは、
『クリームのこの3人が、ライヴ初披露!!』 と言うことです。
37年の年月を経て、夢のライヴです。
これは、永久保存です。
(ソロのクラプトンのステージでは、演ってます。)


ジャック
のベースの後、エリックのカッティングが続く、この曲(原曲は同時ですが)、
思わず、『綺麗な曲』と感想を漏らしてしまった曲です。
このステージでは、原曲に比べ、少しハードな仕上げをしていますね。

バッジ(BADGE)

思わず、『綺麗な曲』と漏らしてしまった曲、

「エリック・クラプトン」は後に、85年「ビハインド・ザ・サン」、86年「オーガスト」、87年「ジャーニーマン」をリリースしましたね。
それらを聴いた時に、真っ先に、1969年のこの曲を思い出しました。
『17、18年も前に、同じテイストの曲を作っていた!』と言うのが、衝撃的でした。

エリック・クラプトン

1963年にヤード・バーズに参加したエリック・クラプトンは、64年には、自分のスタイルをつかんでいたようです。わずか1年程度で、”ベンディングとビブラート”を自分のものにしていたと言うことになります。
弦も柔らかいゲージを独自に入手したんだと思います。その頃から、もうあったんだなあと想像します。
64年が、「スロー・ハンド」の生まれた年と言ったらよいのでしょうか?伝説の始まりの年ですね。
まだ、【エリック・クラプトン】が19歳の時です。神がかってます。

   

簡単講座
【オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座】
 【30日で弾ける初心者向けギターレッスン 3弾セット】
 【楽器つき初心者向けウクレレ講座】

手軽にオーディオ
ヒーリングスピーカー PR-018【YU-ON】」
まるで音の空間に包まれるような感覚

 

 

クリームの関連記事

クリームの若きプレイヤーへの見本になるライヴ「N.S.U.」、ジンジャー・ベイカーが引っ張ります
クリーム、ジャック・ブルースの年を重ねたヴォーカルに酔い、エリック・クラプトンのウーマントーンに酔う
ジンジャー・ベイカーがご機嫌!【ねずみ と いのしし】ライヴ・アット「ロイヤル・アルバート・ホール」
クリーム 2005年「Live at ロイヤル・アルバート・ホール」3曲目「アウトサイド・ウーマン・ブルース」
クリームのロイヤル・アルバート・ホールでのコンサート、2曲目「スプーンフル」目が離せないプレイで魅せる渋いブルース

ご覧いただき、ありがとうございます。

 

ロックカテゴリの最新記事