スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

カーリー・サイモンとマイケル・マクドナルドの共作「ユー・ビロング・トゥ・ミー」

カーリー・サイモンとマイケル・マクドナルドの共作「ユー・ビロング・トゥ・ミー」

こんにちは、メローです。
(60’sから80’sのロック好きのメローなロッカーです。

「カーリー・サイモンとマイケル・マクドナルド」が作ったこの曲、
オリジナル音源は、1977年のドゥービー・ブラザーズのアルバム「運命の掟」に収録されています。

マイケルが加入して2作目のアルバムで、当時、何故かことのほか評判が悪かった作品でした。
私は、田舎から出てきた学生で、リアルにLPレコードを手に入れました。これがやみつきになり、『今度のドゥービーいいでしょう!』と友人に薦めていました。反応は、半々でしたね。
トム・ジョンストンコーネリアス・バンパスのボーカルナンバー好きには、『ちょっと・・・』という感じでした。
また、印象的なのは、このころのパトリック・シモンズは、「ロング・トレイン・ランニング」などのカッコいいリフから、AORチックのフレーズも粋にこなし、すごい進化を果たしたなあと思いました。

カーリー・サイモンは1978年のアルバム「男の子のように」に収録して、こちらがビルボードチャートで6位!になり、「ユー・ビロング・トゥ・ミー」は有名になりました。

いろんなアーティストがカバーしているこの曲ですが、やっぱりオリジナルの二人が一番いいですね。

まずは、レディーファースト、カーリー・サイモン

そして、マイケル・マクドナルド

両方いいけど、『ん~、マイケルかな!』

マイケルはケニー・ロギンスとの「ある愚か者の場合」のコラボでも、グラミーを取ってます。人の才能をインスパイヤさせる何かがあるんでしょうねえ。

すごい才能から生まれた、名曲たちの音源を守って行きたいですね。

ケニーロギンスとのコラボ関連記事→マイケル・マクドナルドの加入で進化【ドゥービー・ブラザーズ】 ケニーロギンスと共作でグラミー賞「ある愚か者の場合」

ドゥービー・ブラザーズの関連記事→ドゥービー・ブラザーズ ≪テイク・ミー・イン・ユア・アームズを知ってからロング・トレイン・ランニングを知る≫逆だろ

カーリー・サイモンの関連記事①→カーリー・サイモンが歌う 女性の優しさに満ちた曲、「うつろな愛」

カーリー・サイモンの関連記事②→70’s前半 男性アーティスト全盛の中に吹いた「カーリー・サイモン」の風

            

【楽器つき初心者向けウクレレ講座】



【オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座】

小型なのに!?サイズを超えた重低音を実現【KS-1HQM】PCスピーカー



録音できるボールペン

ご覧いただき、ありがとうございました。

AORカテゴリの最新記事