スポーツ大好きアラフォー『じょびスポ』と、60’s〜80’sロック大好きな『メロー』が運営するブログ

マイケル・マクドナルドの加入で進化【ドゥービー・ブラザーズ】 ケニーロギンスと共作でグラミー賞「ある愚か者の場合」

マイケル・マクドナルドの加入で進化【ドゥービー・ブラザーズ】 ケニーロギンスと共作でグラミー賞「ある愚か者の場合」

こんにちは、60年代から80年代のロック好きのメローなロッカーです。

ミニット・バイ・ミニット

第3作からジェフ・バクスターが関わり、強力なトリプルギターで、どんどん・イケイケ!でしっかり地位を得、「西海岸のドゥービー」、「スティーリー・ダンのライバル」とまで評されて、これからという時に皆さんご存知の通り、トム・ジョンストンが体調不良で離脱、当のジェフが、マイケル・マクドナルドをスティーリー・ダンから引っこ抜き、6作目の「ドゥービー・ストリート」から正式加入させ、今回ご紹介する「ミニット・バイ・ミニット」でドゥービーブラザーズ第8作目。
ドゥービーを良くしようとマイケルを加えたのですが、そのマイケルにより、ドゥービーの音楽性は変化して行き、またもや、ジェフ・バクスターは、『や~めた』という決断をしました。でもジェフは器用というか、才能豊かというか、3年余りに及ぶ音楽性の変化に柔軟に対応し、特に「運命の掟」では、時流のフージョン対応がすっかり出来ているプレイをしているのには、びっくりしました。しかし、『なんだか、違うんだよな~』って演ってたんでしょうねえ。その後は、スタジオミュージシャンで活躍されたようですね。この決断がまた謎なんです。
また、マイケルが加入し、『スティーリー・ダンのようになってしまった』と表現されることがありますが、どうしてだか未だに全く別ものとしか聴けないんです。
ジェフ・バクスター関連記事はこちらへ→テイク・ミー・イン・ユア・アームズを知ってからロング・トレイン・ランニングを知る
スティーリー・ダン関連記事はこちらへ→ドナルド・フェイゲンが追及した音楽作り、ジェフ・バクスター脱退の分岐点

ビルボード・ヒット100で1位になった。みなさんご存知の

ある愚か者の場合

グラミー賞を獲得したコンビのヴァージョンです

ケニー・ロギンスと言えば、「トップ・ガン」の「デンジャー・ゾン」や「フット・ルース」が軽快でしたね。

1993年、アウトサイド・フロム・ザ・レッドウッズの時、ケニー45歳、マイケル41歳。

ドゥービー・ブラザーズのアルバムの中で、最後まで集中して聴きこんでしまうのは、ジェフには悪ですけど、「運命の掟」です。巷では、『こんなのドゥービーじゃない』と批判の多い作品です。でもいいんです。

                 

【オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座】

30日でマスターするギター講座 教本&DVD
ご覧いただきありがとうございました。

 

ロックカテゴリの最新記事